オーダー家具の据え付け

キッチンとバックカウンターの取り付け。
今回は新築建築中の現場での作業。
戸建て住宅で自宅前に大きな駐車スペースがある恵まれた環境で現場スタート。
まず、養生という建物に傷がつかないようにするための板をめくると、
フローリングがこんにちわと現れてくる。
そして僕たちは「さて、はじめるか!」と上着を脱ぎスイッチを入れる。

kannaではフィラーという家具と壁を埋める部材は使用しない。
なぜかというとそれはあまり格好の良いものではないからです。
例えば3000mmの壁の内内に家具を設置する場合家具を3000mmで作るからです。
これ、当たり前のように聞こえますが、当たり前ではありません、、、。
その当たり前をどう回避するのかは企業秘密なので、、、というか話が長くなるので、、、、省略します^^

なので当然現地で切ったり削ったり、しならせたり反らせたり、試行錯誤しならが設置します。
当然いくつかの部材に分けて製作しますが、組み上げるとそう見えない工夫もしています。

ようお客様に言われるのですが「kannaも家具はなんかスッキリしている」
それ裏にはそんな工夫と手間をかけているんですよね、、、、。

そしてほぼ完成。
今回はペニンシュラキッチンとバックカウンターの取り付けに行ってきました。
6600mmのバックカウンターと2700mmのペニンシュキッチン。
施工写真は4月になりそうなので今回は現場の模様をアップして見ました。