ファブリック

テーパーレックの肘なし椅子。
椅子やソファーの場合フレームの木の種類も大事なポイントだが、
それ以上に生地選びが重要なポイントになると思う。
国産生地や海外生地など、質感や色、光沢、肌さわりなどあまりの多さで混乱してしまう方も多いだろう。
生地選びで僕が注意している点は、椅子やフレームとの相性よりも、
空間との調和やアクセントなど、それがおかれる空間とのマッチを意識して生地をお勧めする。
だがこの生地選びは、かなり個人の好みが出る部分でもあり、なかなか難しい部分である。
kannaで扱っている生地は、国産生地のほか海外のゴルティエやエルメス、ブザックやルリエーブルなど様々な生地を見ていただける。
ぜひご来店いただき実際の質感を体感して見てください。