愛知県のソファー納品後翌日に川崎市へ。
ハアードメイプルワックスフィニッシュのテレビボード、ダイニングボードそしてベットヘッドパネルの納品。
テレビボード背面にはエコカラット300mm×600mmサイズのグレーカラーをチョイス。
ボード背面にはkanna定番の間接照明を設置。

こちらはダイニングボード。
木目の扉はこちらもハードメイプルの無垢材。
こちらもダウンライトと間接照明を設置

ベットヘットのボードは調光可能な間接照明に三路スイッチでベットのどちら側からでもスイッチの入り切りが可能。

今回の納品は神戸を出発し愛知県でソファーを納品後東京へという道のり。
まずは愛知県のソファー納品をご紹介。東京納品事例は次回ご紹介いたします。

ブラックチェリーフレームにフランスルリエーブルのモケット生地をチョイス。
凹凸のあるモコモコソファーにはベロアやモケット生地がよく似合う。

中でもフランスルリエーブル社のモケットは、厚みや発色、光沢など国産モケット生地とは全く違った風合いを持っている。
単色生地の場合、生地の質感が大きく雰囲気を左右するのでこだわりたい部分である。

今年も残すところあと1ヶ月。
もうクリスマスがそこまで来ていますね!ちなみに僕には40年近くサンタさんは来ていません、、。
クリスマス以外にも、これから忘年会やお正月など胃腸にとっても忙しい時期になって来ますので、お身体お気をつけてお過ごし下さい。
 

神戸店での施工例で、既存の窓枠に枠を重ねて新たな枠を取り付ける、
カバー工法という方法で新たな枠を取り付け、ブラックチェリーの縦格子を新たに設置。

もともとそうであったかの様に施工するというこだわりがあり、
あとでとってつけた様な仕上がりにならない様に気をつけている。

無垢材のオイル仕上げは経年変化で色目や風合いが増しどんどん質感が上がっていくので、楽しんでいただければと思う。

東京日本橋へ。
関西にもある地名なので少し馴染み深いのだが、電気街の関西とは全く違いオフィスやマンションなどが並ぶ都会の街。

今回はウォールナットのスリットのセパレートに天然石を貼った仕様。
エアコンをスリットで隠し生活感をなくしスッキリした雰囲気に仕上げている。

天袋下には間接照明を棚板にはダウンライトを3灯設置して、リビングのメインスペースを明確にしている。
LED化された照明は厚みも薄く発熱も少ないため、無垢材に設置することが可能になった。
これから年末にむけ納品ラッシュ!
季節の変わり目ということもあり体調を崩さないように気合で頑張ります。