据付型のソファーといっても一般の方はピンとこない方も多いかもしれません。
ですが店舗をイメージするとすぐにご理解いただけると思うのですが、
飲食店などに行くとソファー席がよく据え付けられていると思います。
最近ではソファータイプのテーブルなどを使ったおしゃれなカフェやレストランなど多く見かけると思います。

今回は少しアンティークの要素を取り入れながら住宅に取り入れてみました。

ちなみに過去にこんなものもありました。

大型のものが目立ちますが小さなものも結構多く施工してきました。
最近ではピットリビングなどにも多く取り入れられています。

少し脱線しましたが次はテーブルと椅子。
生地は全て海外の物で
LELIEVRE/BURENTANO/LASEN/ZOFANY など贅沢なチョイスだ。

関東地方で多い納品事例として、リビングからダイニングへ一続きになった家具のご依頼をよく頂く。

テレビボードとダイニングボードが一つになったスタイル。
長さが出てバランスが良くなるがダイニングスペースの関係で少し腰高感が出てしまう場合が多いので、その辺りのバランスには注意してデザインする様に注意している。

今回は壁面のタイルの施工もさせていただいた。
そして最近多いのが天板に仕込まれたアッパーの間接照明。
特に凹凸のあるタイルを張る場合は効果的なアイテム。

4月から5月にかけて多くの納品スケジュールがあるので気合い入れてがんばります。

港区麻布へソファーの納品に出かけた。
今回はボックスのソファー2台。
このボックスのソファーの良さが最大限に生かされる空間へ納品することが出来た。
今回の貼り地はクヴァドラの物をチョイス。

このソファーの良さは余白によって引き出されると思う。
どの辺を取っても直角ではないデザインは、引きで見てこそそのデザインの良さがわかると思う。

10年くらい前に納めさせて頂いたソファーの張替えをさせて頂いた。
元々グリーンだった色を臙脂色のファブリックに変更。
同時に内部のウレタンも交換しています。


左に見えるグリーンのソファーが10年ほど前に製作したもので今回は臙脂色に、、、。
ダイニングテーブルとテレビボードは以前のままでソファーだけが衣変えされました。
これだけでかなり雰囲気は違いますよね!
張替える前のグリーンと臙脂色は色目以外はすべて同じように見えるのだが、
初期型のグリーンと臙脂のものでは内部のウレタンの構成が全く違うので
より長持ちする仕様へと進化している。
こうしてまた10年15年と使い続けていただけます。

家具も使い捨てのようになりつつある現在ですが、
年月を経ることで味わい深くなって行く素材で作られた物もある事を忘れないで頂ければと思う。

滋賀県草津市へ。
以前お家のすべての家具をオーダして頂いたお客様。
今回は、リビングのガラスキャビネットをご発注頂いた。

手前のソファーは以前納めさせて頂いたもので生地はラーセンの物。
後ろに写っているのが今回納めさせて頂いたキャビネット。
縦ラインの照明はすべての棚板を照らす優れもの。

こうして再びご注文をいただけることに感謝し日々精進して行きます。