2019年2月3日 制作風景

kannaで製作したものではないですが
アンティークの椅子をお預かりして調整を行いました。
また活躍してくれることを願っています。
もうすぐ納品予定の1Pソファです。
奥に同じ生地のオットマンも出来上がっています。
ウォールナット素材に少し光沢のある生地で高級感がある仕上がりです。
今後、経年によって木の色の変化も楽しめると思います。
製作途中の収納家具です。
フリーフラップの金具を取り付ける作業中です。
kannaで製作の家具には多くの場合、ドイツ製の金具を使用しています。
流山市 Y様ご依頼いただいた、天袋の扉用のウォルナット無垢材です。
3800mmの大きな扉は1枚板で用意できないため2枚を合わせての製作となります。
無垢材ですのでそれぞれ違った木目ですが、
つなげた際に違和感のないよう意識して木材を選んでいます。