Calendar

New post

Archive

東京と南荻窪の戸建てリフォーム。

今回は外壁や内装の他に、オーダーの変形ペニンシュラキッチンとアイ型キッチン、
ダイニングテーブルと椅子、デスク、本棚、テレビボードのを納品。

shi7shi4キッチンはオークのワックスフィニッシュとステンレス天板。
機器類はミーレの食洗機とリンナイのガスコンロ。
shi5shi1shi2ベイシックダイニングテーブルとテーパレッグのアームあり椅子を4脚。
2脚はエルメス傘下のクリエイションメタフォールでもう二脚はラーセンの柄物生地。
shi3デスクと本棚、そしてテレビボード。
デスクの横の棚は実はレコード収納。
デスクにはミキサーとターンテーブルを置きDJブースに。
コンセントの設置もしてあります。
そして肘なしのテーパーレッグが二脚。こちらは白のラーセンの柄物生地。
テレビの壁掛けはまだだが、右側の柱状の家具がテレビボード。

shi6オーダーの洗面台。
人工大理石の天板とオークのワックスフィニッシュ。
タイルは名古屋モザイクにガラスのタイルをチョイス。

100平米のマンションリフォーム。
工事内容は壁天井のクロスの張替えと床暖用のメイプル無垢材フローリング。
キッチンは既存キッチンの扉取り替えとステンレストップをバイブレーションに磨き直し。
洗面台はトップと水栓を取り替えて、お風呂は全て取り替え。
約1ヶ月半の工期のマンションリフォーム。

sat5sat5pngsat1sat6sat2

東京目黒区のマンションリフォーム。

エントランス
meg.yam5エントランスを入ると右側にか大きなミラーを設置。
細く仕上げた木製のフレームで圧迫感のないモダンな仕上がりに。
そして片側の壁面に漆喰のコテ押えを施していて、それ以外の壁や天井は
全てAEP塗装仕上げとなっている。

me.yam1me.yam2キッチン横の観音扉3スパンの食器棚とリビングの本棚とデスク、そしてお風呂。

ma.yam3廊下の階段はスチールフレームに向くの桐材を使用。
こちらも全て漆喰とAEP仕上げ。階段の先の引戸を入ったところがお風呂場になっている。
右側の写真は地下にあるトイレの引戸で桐材の柾目。

芦屋市の新築物件で建具製作させて頂いた物件。
タモ材の追い柾材で狂いが少なく木目に表情が出る様に製作。
床から垂れ壁まで木目が通る様に製作しているので、2800mmの一枚のドアに見える。

okta3ドアは建具枠に被せ枠材が全く見えない方法で吊り込み。
和のイメージを持つがシンプルでモダンな印象に仕上げている。

okta低く横長でドッシリした印象の家。

okta2

リビングダイニングをメインに、和室、洗面、トイレのリフォーム。
壁と天井はクロス仕上ですがエンボスと言う発砲素材のクロスを総パテ状態に近い下地処理を行った後で張りあげています。
それにより塗装や漆喰の様なあっさりした都会的な空間に仕上がっています。

yshメイプルのクリア仕上のフロアーにグレーの大判タイル貼り。
リビングのアクセントタイルはエコカラットをチョイスされる方が多く見られますが、
大判タイルを貼る事であっさりとした都会的なイメージに仕上がりました。
LED調光タイプの間接照明が栄えます。

ysh1キッチン上についていた天袋を撤去し開放感を出しています。
そうする事で減ってしまった収納は大きなキッチンバックボードと
キッチンのダイニング側の収納で補っています。
家具造作はkannaオリジナルでブラッチェリー材をチョイス。

ysh2今回和室は大きく触らず畳を濃い茶色のカラー畳にし雰囲気を変更。
近年和室をなくされる方が多いのですが、モダンテイストでリビングと違和感なくつなげる事で、使い勝手の良い空間が出来上がりました。

ysh3洗面は人工大理石シームレストップに引出し式のシャワー水栓をチョイス。
壁幅一杯にサイズオーダーで製作した洗面本体はブラックチェリーで
ミラー部は3枚扉収納で開き勝手は三面鏡仕様。
トイレはブルーのクロスを天井から奥の壁へとつなげる事で
奥行き感をだしている。
床はビニール系の物からタイルに変更し質感をアップ!

aiot1左官とガルバリウム鋼板の外壁で少し和の香りのする家。
室内は白州壁にチークとウォールナットを使った空間。
リビングスペースとダイニングスペースを分ける様に設置された大形扉は2.5m角の超大型。オーディオはメインスペースが5.1chでBGM用に別のスピーカーが天吊りされている。
aiot2aiot3aiot4aiot5aiot6aiot7

sama1新築マンションの小規模リフォーム。
クローゼットを解体しリビングルームを少し広げ、その壁面に作り付けのテレビボードと固定棚を設置。

床は全て花梨材の床暖対応の無垢材に張り替え、建具も全てチーク材と白に変更。キッチンスペースは天袋を取っ払い、腰壁部分をチーク材で張り上げている。

プリントとメラミンの質感をなくし天然木を取り入れる事で全く違った質感に変える事が出来る。
sama2sama4sama3

sasa1床面積30坪の平屋建て。
リビングダイニンクの天井は勾配天井にし最高4mの天井高を確保。
その大空間を暖める暖房は捲きストーブを使用。
床は楢の無垢材を使い壁天井は漆喰のコテ押さえで仕上げている。
寝室と子供部屋は2・4mに天高でその上部はリビングからロフトとして使える様にしている。家具、建具は全てオーダーメイドで、下駄箱、テレビボード、キッチン収納、洗面などなど。

子供部屋は10帖強のスペースをとり後に2部屋に区切る構造にし、お子様の成長にあわせた間取り構成が取れる様にしている。
大きい軒のあるデッキスペースは、バーベキューは勿論、天気のいい日など色々な活用が出来るスペースになっている。
sasa2sasa3sasa4sasa5sasa6sasa7

ymat1RCと木造の混構造の建物の2階部分のリフォーム。
木造部に関してはどうしても抜けない柱などがあり、レイアウトにかなり苦労したが、島什器(部屋の真ん中に置く家具(今回は収納)の事)を作る事で不自然さを解消。
黒のタイルとチーク材がアダルトな雰囲気な物件。
キッチンは規正のメーカーの物を島置し裏面に収納家具を設置。
表層を奇麗にすると言うリフォームではなくチェンジするリフォーム。
ymat2ymat3ymat4ymat5

kat1重量鉄骨3階建。グレーのジョリパットにタモ材とタイルにウッドの横スリットの外観。

間口5.5mの木製扉の玄関を開けると広々とした吹き抜けのエントランスがあり、チーク材のガラス戸を開けるとリビングダイニングキッチンスペースとなる。

ダイニングキッチンから1段下がったピットリビングは、十分な空間をとりダイニングスペースから見下ろされる様な圧迫感は感じない。

オーダーメイドのアイランドキッチンは2900mmの1100mm、そして背面には大容量の収納がL型に配置している。

kat2kat3kat4kat5kat6
kat7kat8