Calendar

New post

Archive

ウォールナットの浮かしの壁面収納。
ハードディスク内臓のテレビとワンバーオーディオを壁掛設置したシンプルな構成。

壁面はコンクリート壁なのだが家具転倒防止固定用としてアンカーか取り付けられているといった特殊な構造。
結果、アンカーによる固定が出来ることでかなりの取り付け強度を確保できた。

据付型のソファーといっても一般の方はピンとこない方も多いかもしれません。
ですが店舗をイメージするとすぐにご理解いただけると思うのですが、
飲食店などに行くとソファー席がよく据え付けられていると思います。
最近ではソファータイプのテーブルなどを使ったおしゃれなカフェやレストランなど多く見かけると思います。

今回は少しアンティークの要素を取り入れながら住宅に取り入れてみました。

ちなみに過去にこんなものもありました。

大型のものが目立ちますが小さなものも結構多く施工してきました。
最近ではピットリビングなどにも多く取り入れられています。

少し脱線しましたが次はテーブルと椅子。
生地は全て海外の物で
LELIEVRE/BURENTANO/LASEN/ZOFANY など贅沢なチョイスだ。

関東地方で多い納品事例として、リビングからダイニングへ一続きになった家具のご依頼をよく頂く。

テレビボードとダイニングボードが一つになったスタイル。
長さが出てバランスが良くなるがダイニングスペースの関係で少し腰高感が出てしまう場合が多いので、その辺りのバランスには注意してデザインする様に注意している。

今回は壁面のタイルの施工もさせていただいた。
そして最近多いのが天板に仕込まれたアッパーの間接照明。
特に凹凸のあるタイルを張る場合は効果的なアイテム。

4月から5月にかけて多くの納品スケジュールがあるので気合い入れてがんばります。

港区麻布へソファーの納品に出かけた。
今回はボックスのソファー2台。
このボックスのソファーの良さが最大限に生かされる空間へ納品することが出来た。
今回の貼り地はクヴァドラの物をチョイス。

このソファーの良さは余白によって引き出されると思う。
どの辺を取っても直角ではないデザインは、引きで見てこそそのデザインの良さがわかると思う。

10年くらい前に納めさせて頂いたソファーの張替えをさせて頂いた。
元々グリーンだった色を臙脂色のファブリックに変更。
同時に内部のウレタンも交換しています。


左に見えるグリーンのソファーが10年ほど前に製作したもので今回は臙脂色に、、、。
ダイニングテーブルとテレビボードは以前のままでソファーだけが衣変えされました。
これだけでかなり雰囲気は違いますよね!
張替える前のグリーンと臙脂色は色目以外はすべて同じように見えるのだが、
初期型のグリーンと臙脂のものでは内部のウレタンの構成が全く違うので
より長持ちする仕様へと進化している。
こうしてまた10年15年と使い続けていただけます。

家具も使い捨てのようになりつつある現在ですが、
年月を経ることで味わい深くなって行く素材で作られた物もある事を忘れないで頂ければと思う。

滋賀県草津市へ。
以前お家のすべての家具をオーダして頂いたお客様。
今回は、リビングのガラスキャビネットをご発注頂いた。

手前のソファーは以前納めさせて頂いたもので生地はラーセンの物。
後ろに写っているのが今回納めさせて頂いたキャビネット。
縦ラインの照明はすべての棚板を照らす優れもの。

こうして再びご注文をいただけることに感謝し日々精進して行きます。

外国人のお客様とのやり取りは基本的にイングリッシュでのやり取りをさせていただくのですが、
今回はフランス人のお客様で、どちらも英語が得意ではなかった、、、。
色やデザインの話はともかく、お支払いやギャランティーについてのご説明など、
色々と難しいことがありましたが無事納品。

ボタンソファー、オットマン、ローテーブル、テレビボードを納品させていただいた。
海外のお客様とのお打ち合わせの場合は、オリジナルデザインでのお話が多く、
今回もすべてオリジナルデザインでのサイズ変更。
無事納品終了。奥様が英語で僕に「今写真をフランスの主人に送ったら、とても素敵だと返事が返ってきたわよ」
なぜかアメリカのドラマのような口調になってしまっている僕が笑える、、、、。

左右非対称な家具について。
条件として非対称にしないとダメな間取りの場合以外にも
あえて非対称にする場合も多くある。

この非対称だが、うまくバランスを取る方法だけ理解すれば、対象のものより動きがのある、
面白いインテリアが完成する。

独自のデザインや感覚、感性を作り上げるため、できるだけ他のデザインを見ないようにしている僕。
例えば公園に生える木々の配列や大きさのバランスなど、自然と生きていく中で得る情報を大切にするように心がけている。

最近よく組み合わせてご提案しているのが、ソリッドカラーとウッドの組み合わせ。
今回は黒をチョイスしているがグレーやアイボリー、ホワイトなど今後様々な施工類をご紹介していきます。

トール収納には隠蔽方式で機器類を収納。操作はエミッターを使い操作する。
kannaでは様々な方法や機械を駆使し、あらゆるご要望にできるだけ答える引き出しをご用意し、お打ち合わせをさせて頂いております。

神戸店のキッチン施工事例。
ブルーのウルトラサーフェスの天板とブラックチェリー材のコンビネーション。
家具メーカーであり家具デザイナーの観点から生まれたキッチン。
桐材の抽斗に木製の水切り、、、。
オイルメンテナンスは必要だが、使い込む程に味の出る、まさに家具と言えるそんなキッチンをご提案。