ここ数日納品やリフォーム打ち合せなどでお店にも行けない日が、、、。
勿論ブログの更新も出来ないままという状態が続いいました。
今日は少し時間に余裕ができたので随分お待たせした更新作業に。

m.bct1ブラックチェリーのローボード。引出し上下2段に見えるが、
実は左の1スパン以外は全て開き戸になっていて上下には分かれていない構造。
長さはなんと4m超えの超ロングサイズで、勿論そんな長さのブラックチェリーの板は
ないので2.5mの板を挽き割りブックマッチで製作している。
これが恐ろしく手間のかかる作業であると言う事は完成品からはわからないし、
この業界に携わっている人でも1度この作り方をしてみて初めて手間以外に色々大変な事に気付くだろう。

設置し扉を吊り込み眺めてみると、無垢である事を
感じさせない程あっさりした扉は、この作業の大変さを忘れさせてくれる。

m

天板は今回も、新店舗から人気の白天板。
白の材質の場合仕上は、メラミン、カラーラッカー、カラーウレタンの3方法があるが
質感の塗装仕上と扱い易さのメラミン材と言える。
価格はカラーウレタンが最も費用がかかる仕上げ。

bct3こちらはダイニングスペースのキャビネット。
究極のシンプルモダン無垢材家具。
これからもこのコアな物作りを追求し続けていきたいと思う。

bct4

新店舗に移転してから半年が過ぎました。
最近受注が多く、打ち合せや図面作成、納品等でバタバタな毎日が
続きなかなかブログ更新ができなくなっていました。

今回は、テーブルと椅子、ソファー、ローテーブル、テレビボード、
サイドテーブル、玄関カウンターなどなど、、、
箱車のトラックには乗り切らず、ワンボックスと2台で納品に出発!
据え付けものはテレビボードだけだったのでスムーズに納品完了し写真撮影、、、。

simt1ブラックチェリーに白の天板に台輪の家具は西宮店に移転してから
一気に納品事例が増えた形。男っぽくシックな雰囲気には黒、優しく明るい雰囲気には白をチョイスして頂くと良いと思う。

simt2

ローテーブルとソファーのフレームはタモ材を白く染色。
張り地はデンマークのエクスカリバーを贅沢に使用している。
オリジナルのサイドテーブルはブラックチェリー材を使用し高さ変更を施し
ソファーの肘掛けを超える寸法で製作。

simt3木の材質はあえて統一せず、お部屋全体に動きがでる様樹種を変えている。
僕自身も様々な木を取り入れるのが好きで、自然とお店のレイアウトも
様々な木を使って展示させて頂いている。自然な木の持つ色目は、
同じ部屋に色々な樹種を混在させてもうるさくならず、年数が経過すると
不思議な事に更にそれぞれが調和する、、、。自然って本当に凄いと思う。

simt4

ハードメープルのテーブルは黒革やイギリスの生地、照明などと合わさる事で
カジュアルになり過ぎる事なく部屋に明るい印象を与えている。

simt5simt6

新店舗から販売しているウォールのフックやラックも同時納品させて頂いた。
他に業者様も来られている中の納品大変お邪魔いたしました。
そしてこの度は本当にありがとうございます。
これからもkannaを宜しくお願い申し上げます。

過去の施工例ブログ、職人ブログはこちら http://kanna-fc.com
-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-
     家具工房 kanna   

     NISHINOMIYA店
     〒662-0976
     西宮市宮西町10-6
                 0120-633-555
     工房
     〒651-1421
     西宮市山口町上山口3-26-1
          (078)907-1454
-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.–.-.-.-.-

wkkウォールナットのカウンター。
必要な時に移動してパンをこねたりチョコレートをテンパリングしたり、、、。
天板を人工大理石にしているので料理やお菓子の作業台にするのには最適。
そして今回は粉物を練ったりする機会もあると言う事で、塗装も汚れがつかない
様にウレタン塗装で仕上げている。
時には、アイランドの様に真ん中に置いたりする機会もあるので、裏面も奇麗に化粧している。

現在キッチンやカウンターの天板素材など色々な物が開発されていて、
定番のウッド、ステンレス、人大以外に、最近ではクオーツや大判タイルなど高温の
お鍋を置いても変色しない物や本物の大理石の用な質感でキズがつきにくい物など様々な物が開発されている。

西宮お店では、様々な素材のサンプルや施工写真などを見て頂き、
使用される用途やご予算に応じた素材をご提案させて頂きます。
お気軽にご相談下さい。

過去の施工例ブログ、職人ブログはこちら http://kanna-fc.com
-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-
     家具工房 kanna   

     NISHINOMIYA店
     〒662-0976
     西宮市宮西町10-6
                 0120-633-555
     工房
     〒651-1421
     西宮市山口町上山口3-26-1
          (078)907-1454
-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.–.-.-.-.-

今回は寝室の収納家具を納品。
muw1長さ3m高さ1mで中央は本棚で上部は引出し収納と両サイドは扉付きの収納。
寝室に設置させて頂いたので「寝室収納」と言うタイトルにしていますが、寝室専用な訳ではない、、、。
構造の問題や見た目の仕上がりの良さから天板と引出し部分を3mの長さで一体で製作している。現場はマンションなので勿論階段上げで搬入。

どう作れば作り易いかを最優先するのではなく、どう作ればどう見えるかを考えて作主義で、
その方法は手間が掛かるときもあればかからない場合もる。
勿論予算の事もあるので手間をかければいいかと言うとそれは違うと思うが、
お客さんの知らないところでひと手間加えてあげると言うのは凄く大事な事だし、
それこそが本当のサービスだと理解している。

muw

ウォールナット材にダークグレーの天板と台輪は、
寝室と言う場所を意識しシックにおさえた色使いを意識した物で、
シンプルだがアダルトな雰囲気と落ち着いた色調でまとまっている。
現在は何も置かれていないが、ここにお客さんの色が混ざり個性が生まれていく、、、。

過去の施工例ブログ、職人ブログはこちら http://kanna-fc.com
-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-
     家具工房 kanna   

     NISHINOMIYA店
     〒662-0976
     西宮市宮西町10-6
                 0120-633-555
     工房
     〒651-1421
     西宮市山口町上山口3-26-1
          (078)907-1454
-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.–.-.-.-.-

oot1神戸市中央区のマンションへ納品。
ウォールナット材と黒の革素材の組み合わせで下部収納部分はオープン。
オープン収納の場合箱を製作しはめ込んだだけでは、違和感がかなり感じられる場合が多く、
その為今回の下部収納は全てパネルで製作し現場で組み立てていくノックダウン工法で設置している。

通常の心理では現場ではあまり加工をしたくないのが本音だが、現場で手間をかけないと言う事を第一に考え、
デザインに制約をつくり過ぎるのを避けるのが僕のやり方だ。

oot2工事中ではなく建物が完成した後に取り付けても違和感を感じさせないと言う事を意識し設計デザインし、出来上がってしまった住宅でも制約なく自由なインテリア設計が出来る様にこれからも心掛けていきたいと思う。

過去の施工例ブログ、職人ブログはこちら http://kanna-fc.com
-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-
     家具工房 kanna   

     NISHINOMIYA店
     〒662-0976
     西宮市宮西町10-6
                 0120-633-555
     工房
     〒651-1421
     西宮市山口町上山口3-26-1
          (078)907-1454
-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.–.-.-.-.-

new1p
新作の1pソファー。
柔らかく丸みのある細いフレームは強度的に問題の無い細さまで削ぎ落とし、
どうしても大きくなってしまうソファーと言うイメージを薄める役割を果たしている。

フレームの材質はオーク材とブラックウォールナットのに種類の展示で
クッションは厚みが薄く軽やかなイメージのウレタン仕様と、厚みがあり
ふわふわな座り心地のフェザーの2タイプを展示。

ハイバックで枕を付けたデザインや同じ素材でオットマンを製作したりといった
オーダーにも勿論対応している。

new2p丸く削り出された脚から自然な流れで肘掛けへと繋がる。
勿論肘掛けも優しく丸みのある印象に削り出している。
職人が1本づつ手作業で削り出して仕上げた表面は、機械生産した物には無い
独特な柔らかさを持った手触りに仕上がっている。

new3p張り地は臙脂色の安価な生地にウレタンを合わせた物と、グリーンのヌメ革にフェザーの2種類。
フレームの材質による価格差はなく、国産6,000円クラスの生地とウレタンの物が¥237,600.-でヌメ革にフェザーの仕様が¥306,000.-
素材による違った雰囲気とクッションの違いによる座り味を是非一度体感しにきて下さい。

過去の施工例ブログ、職人ブログはこちら http://kanna-fc.com
-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-
     家具工房 kanna   

     NISHINOMIYA店
     〒662-0976
     西宮市宮西町10-6
                 0120-633-555
     工房
     〒651-1421
     西宮市山口町上山口3-26-1
          (078)907-1454
-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.–.-.-.-.-

トラックに荷物を満載し壁面家具とホームシアターの納品へ。
sat1午前中は搬入と家具の組み込み、配線やリアスピーカーの取り付けをメインにし、
お昼休憩を頂き、午後からは家具の扉の吊り込みや機器類の開梱、設置配線設定。
スタッフ2人に家具の設置を任せ僕はオーディオ機器の設置を!!
こっちから入れて向こうから引っ張って、ここからあそこを通してこっちに引っ張って、、、、
と機器の設置は以外と重労働なのです。特に40歳半ばの運動不足の僕にとってかなりハード(笑)

設置開始から6時間半後設置完了!
ですが、まだまだ終わっておりません。サラウンドやシアターは機器を接続するだけではダメで、
しっかり設定をしてあげないとまともに音はなりません。

テレビモニターの画面を見ながら機械の指示とおりに設定を進め保存し完了。
でもまだ終わっていません。メジャーで実際のスピーカーの距離を図り、
機械の設定の深い階層に入り、細かく数値を入れ直し、最後に耳で確認します。
やはり最後は機械ではなく自分の耳が必要になのですよね(意外とアナログ)

今回はここ迄で終了。ケーブルテレビやインターネット無線LANなどの設置が終了した時点で
再度お伺いしネットワーク設定やHDMIコントロールなどの設定をして行きます。(完全にデジタル)

で完成したのがこちら!!
sat2杉の浮造りと黒の革の素材を使った壁面収納。
六甲アイランド店時代に展示していた家具を変形させた物。
スピーカーや機器類は全て家具内に隠蔽して設置。すっきりした印象にしている。
sat3家具設置部が吹き抜けになっている為スクリーンも家具に隠蔽設置。
オーダーメイドと言っても制約があるセミオーダーやシステム家具と違い、
完全なオーダーメイドで製作しているのでどんなご要望にも対応可能。
配線の取り回しや特殊配線など色ご相談下さい。

過去の施工例ブログ、職人ブログはこちら http://kanna-fc.com
-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-
     家具工房 kanna   

     NISHINOMIYA店
     〒662-0976
     西宮市宮西町10-6
                 0120-633-555
     工房
     〒651-1421
     西宮市山口町上山口3-26-1
          (078)907-1454
-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.–.-.-.-.-

1年前スリットのテレビボードを納品させて頂き、今回はローテーブルの納品に。
ineslt今回のローテーブルはスリットのエクステンション仕様。
スリット同士を噛み合わせスライドさせる仕様なのだが、これがかなりシビアで、
遊びを作り過ぎるとスリット同士に段差が出来るので、微妙な調整が必要なのだ。
その調整だが、製作する工房と実際に使われる部屋の環境が違う訳なので、
その違いによる木の痩せを計算しなくてはいけない。

今回納品時は可動部をかなり固めに製作して納品し、10日から2週間様子を見て頂き、その状態で可動部がスムーズにならない場合再度削って調整させて頂く事になった。
ineslt1これが大きくした時と小さくしたときの画像。
2週間後可動部がスムーズに動けば本当の意味での完成と言えるだろう。

昨日着工した小規模マンションリフォーム。
今回は、ユニットバスの入れ替えをメインに、クロス、フローリングのワックスとクリーニング。
nire
今月はこの他に戸建の部分改装や戸建て全面改装など家具以外の物件も多い月。
消費税率5%内の工事はもう最終時期になって来ている。

消費税率改正前の駆け込み需要がかなり多くなるのかと思っていたのですが、
現在の所納期は2ヶ月と少し通常より多い受注で安定している。

家具の方も税率5%の受注は今週で終了し、来週の受注から税率8%での受注となる。小物やセミオーダー対応品などの短期納品の可能な物は、その納品時期が3月中であれば5%の税率となります。

昔消費税3%から5%になるときかなりの駆け込みがあった様に記憶しているのだが、今回は急な駆け込みがと言うより皆さん冷静に見ている様で、消費税改正後の受注が以外と多い。

とは言え今週の受注はかなり多く、4月迄フル回転になるのは間違いなく、
工房のスタッフにもかなり残業をしてもらう事になる。
今日もかなり寒くなる様なので体調管理には気を付けなければ、、、。
皆さんもお風邪など気をつけてお過ごし下さい。

jugf1大阪駅前のグランフロントの1番南側にある高層マンションへ納品に。
最近高層マンションへの納品が本当に多く、月に最低1件は納品に伺っている感じ。

幼い頃は大好きだったのだが30歳を超えた頃から急に苦手になってしまい
現在は高所恐怖症気味な僕、、、。
大体納品前に建物を見上げ、出る言葉は「凄いな〜、、、。」
この言葉の意味は高いな〜と言う意味ではなく、住んでいる人の勇気の事。

寝入りばなに、溝に落ちたり、高い所から飛び降りたりする感覚でびっくりして目を覚ます経験を皆さんされた事があると思うが、
僕がもし高層マンションに住むと、きっとそんな夢を何回も見てしまいそうと容易に想像がつく。

そんな事もいっていられないので駐車場に車を止め搬入。
今日はテレビの壁掛用パネルの取り付け。
jugfコンセントプレートをパネルに移設しその電源を使いパネルに間接照明を仕込んでいる。
現在コンセントプレートがむき出しになっているが、そのスペースにはトールボーイタイプのスピーカーが置かれるので配線は今より目立たなくなる。
そして最終的にパネルと同じ材質のスリットタイプのテレビボードを設置される予定なので、
そうなると完全にコンセントは見えなくなってしまう。