収まりの良さがポイントです。

据え付け家具は工房で製作した時点ではおおよそ7割しか完成しません。
残りの3割は現場で家具職人が建物との取り合いを加工し、
組み上げて初めて完成するのです。

デザインする者と製作する者との意思の疎通が大事で、
製作サイドでの細かなやり取りが大事な家具です。

その納め方は様々で、その意匠が家具全体の雰囲気を左右すると言っても過言ではありません。
店舗設計施工に多く関わって来たkannaはお店のショールームの様な
都会的な感覚の家具作りを意識しております。