無垢材の荒々しさを極限迄削ぎ落としたシンプルなテーブル。

無垢材のテーブルにありがちなのが色幅が広くや白太、節などの入ったにぎやかなテーブル。
にぎやかの言い方を変えると荒々しいとか荒っぽいなどと言ったり、カントリー調といったりする人もいるが、
それは無垢だからそうなるんですと説明される事が多いと思う。それは本当の事なのでしょうか??

kannaの無垢のテーブルはそんな荒々しさを全て排除しテーブルに仕上げていきます。
それは、最高のランクの材料を更に徹底的に選り分け、選ばれた板だけで製作する事で完成します。
勿論全てオーダーが可能で、脚の形状や角度、面取りの処理の仕方まで指定して頂けます。
そんなテーブルたちをどうぞご覧下さい。