Calendar

2019年5月
« 4月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

Category

  • AVラック (31)
  • I型キッチン (6)
  • TVボード (111)
  • アイランドキッチン (15)
  • オーダーメイドソファ (30)
  • オーダーメイドテーブル (34)
  • オーダーメイドデスク (17)
  • オーダーメイド壁面収納 (66)
  • オーダーメイド椅子 (33)
  • オーダー据え付け家具 (97)
  • オリジナルソファ (1)
  • オリジナルデスク (1)
  • オリジナル壁面収納 (7)
  • オリジナル据え付け家具 (9)
  • カウンターキッチン (6)
  • キッチン収納 (34)
  • シアタールーム (4)
  • すべて (213)
  • マンションリフォーム (8)
  • リビングシアター (19)
  • 工房ブログ (100)
  • 戸建てリフォーム (6)
  • 新築 (7)
  • 東京での施工例 (52)
  • 洗面化粧台 (15)
  • 神奈川での施工例 (11)
  • Archive

    千葉県流山市へ。
    吹き抜けから昼日差しと抜け感がなんとも言えない空間になっている。

    テレビボード右には階段スペースの区切りにグリーンが配置される。

    最近よく施工事例で登場するイタリアフェニックス(FENIX)のマット素材。
    ナノ加工されたその表面は傷が入っても浅いものは消えてしまう優れもの。

    テレビボード、ダイニングテーブルのセット、キッチンのカウンター下の収納、カップボード、デスク、1Pのソファーなどなど、
    家全体の家具を納品させて頂いた。センタースリットのテレビボードで材はウォールナット。
    ブラインドや照明が納品時に間に合わなかった事をお客さんに色々気遣って頂いた。
    そこに全体のイメージがあり、それが揃った姿が完成形であり、その部分には相当な思いがあると思う。

    弊社で家具をと考えて頂くきっかけのほとんどが、今ご覧になっているホームページ。
    お客様の家に納品させていただき、その事例をホームページに、、、。
    気がつけば膨大な施工事例という財産をお客様に頂いている。

    家具製作の初打ち合わせから、最終的にどういうものに発展していくかは様々なストーリーがあるが、
    様々なお話をしながら、何を求めているのか?どんな色が好みなのか?収納量は?といったことを探っていく。この仕事の最も難しい部分だと僕は思っている。


    テキスタイルはエルメス傘下のメタフォールとフランスルリエーブル社、デンマークのディスカバリーのものをチョイス。
    この一枚の写真に色々なテキスタイルが見て取れるが、
    あえて違った生地で張り上げている。

    ブラインドは白。他に色は足さないのでコーディネイトを、、、、。
    でこの生地をチョイス。この後、植物を置いて緑を足していただくと完成だ。

    これまで制作風景を何度かご紹介した、流山市 Y様のお宅に納品に伺いました。
    TVボードの地袋部分から設置していきます。
    今回はkannaイチオシの化粧板を使ってバックパネルを制作しました。
    通常よりも少し高額となりますが、マットな質感が良く、高級感ある仕上がりとなります。
    お部屋の雰囲気とマッチした出来となりました。
    職人は設置するお部屋を事前に見る事はなかなかできません。
    設置後に家具がお部屋に馴染んだところを見ると一安心です。

    埼玉県朝霞市へ納品に。
    今回、廊下からリビングダイニングにかけてのほとんどのインテリアを弊社で納めさせていただいた施工事例。
    ウォールナットのダイニングテーブルとテーパーレッグのアーム付きの椅子。
    椅子の張り地はフランスルリエーブル社の生地をチョイス。

    そして1Pソファーとオットマン。
    ウォールナットフレームにエルメス傘下のメタフォールの小紋柄の生地をチョイス。
    そして黒マット天板とウォールナットのデスクには、
    メタフォールの黒の生地のテーパーレッグとデンマークのエクスカリバー社の生地をチョイスしたスツールを配置。

    目黒区へ
    カップボードと、大きさの違うローテーブル2台をブラックチェリーで。
    置き家具の良さは大きな白壁に額を飾る感覚でレイアウト出来ること。

    それに対して据付家具は大きな部屋全体にアクセントをつける感覚というか、、、そんな感じに捉えながらデザインしている。
    そしてその家具単体にもアクセントをつけるようにしている。
    色々と緻密に計算しているように聞こえるかもしれないが、実際は自分の感覚を頼りにデザインをしている。

    kannaオリジナルの家具に対する想いは他のものとは少し違い、
    デザイナーとして、オリジナル家具が世に出て行くのは嬉しいことである。

    今週末に納品予定の 流山市 Y様 ご依頼のTVボードです。
    天袋・地袋ともに金具も取り付けおわり、後はお宅に伺っての作業を残すのみです。
    据え付け家具は工場での作業では完成しないものです。
    設置しながらの作業が全工程の3割程度となります。
    無垢の矧ぎ板で扉やテーブルを作る際に裏側に使う反り防止の金具です。
    無垢材はデリケートで、温度・湿度の変化や直射日光によって
    反ったり割れたりすることが多々あります。
    それを防止するための金具を裏面に取り付けます。
    写真はその金具を家具に合わせてカット・着色しているところです。

    約4メートルのテレビボード。
    新素材黒マットとグレーアッシュウッドのテレビボードの事例。
    壁掛け部分にはイタリアのダークブラウンの大判タイル貼り。
    高さは左側の扉合わせで製作。

    中央部分はブラックスモークのスリット仕様。

    表面がナノ加工され濃い色のマットでも指紋がつかない新素材。
    今までは塗装ですら表現できなかった素材である。
    大きな面積に使用すればかなり今時で都会的な雰囲気を出してくれる。
    今回は両サイドのトールのみの使用にとどまたったが、今後どんどん施工例に登場してくる。

    壁面造作を得意とする我々は、配線や下地がない場合の壁面や点検口、通風孔など
    あらゆる設置場所にでも対応することが可能である。

    今まで数々の現場でいろんな障害にぶち当たってきたが、試行錯誤し回避してきた。
    この引き出しの多さが、現在の物件数と収まりの良さに繋がっていると思う。

    施工例のWorks で紹介している物件のほとんどがマンションなど完全に引渡しが終わり、
    しかも事前に何の計画もない部分への施工例である。

    もう施工できないと諦めてませんか?大丈夫です!何とかなります!!

     

    千葉県流山市 Y様ご依頼のTVボードを製作中です。

    前回、ウォールナットの板の状態で紹介しましたが、形が出来上がりました。
    幅3800mmと大きいものなので扉3つと2つ分で分けて製作、運搬しますが工場で必ず組んで支障が無いか確認します。

    TVボードの下部スリット扉用の木材です。1本ずつ枘(ほぞ)を作っています。
    TVボード本体とは色が違っていますが、これからオイル加工を施すことで本体と同様の濃い、高級感のある色に仕上がります。

    スリットの枘(ほぞ)を差し込む枘穴です。こちらも1つずつ、手作業で穴を開けています。写真上部にある、筋罫引きという道具を使って穴の位置を決めます。

    たくさんの木材に同じ位置、同じサイズの穴を開ける為に必要な道具です。
    神戸市 H様ご依頼のボタンソファの製作が始まりました。
    フレーム製作をしているところです。中央部分の板が長方形ではないことがわかるでしょうか?
    ウレタン使用のソファは反発力が強いので座面に傾斜をつけています。座面角度を少し後方に傾斜することで、自然と背もたれに体を預けられ安定した座り心地となります。

     

    埼玉県 F様のお宅に納品に伺いました。

    壁面いっぱいのTVボードです。
    一番右側の収納部分に配線をまとめて隠蔽しています。
    エコカラットを貼っていきます。雰囲気がガラッと変わりますね。
    kannaのお客様でエコカラットを希望される方が多くいらっしゃいます。
    色のバリエーションもたくさんあるのでお好みや部屋の印象に合わせて
    選んでいただいています。
    壁に赤いラインが写っているのが見えるでしょうか?
    この青い機械、レーザー水平器です。
    数本のレーザー光を壁面・天井・床面に照射し、水平・直角の基準となる線を出す(建築用語では「墨を出す」といいます)精密測定工具です。
    西宮工場で製作した家具を、製作した職人自身が取付までを責任をもって行います。
    遠方のお客様であっても同じです。取付完了の瞬間が家具完成の瞬間です。