Calendar

2019年5月
« 4月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

Category

  • AVラック (31)
  • I型キッチン (6)
  • TVボード (111)
  • アイランドキッチン (15)
  • オーダーメイドソファ (30)
  • オーダーメイドテーブル (34)
  • オーダーメイドデスク (17)
  • オーダーメイド壁面収納 (66)
  • オーダーメイド椅子 (33)
  • オーダー据え付け家具 (97)
  • オリジナルソファ (1)
  • オリジナルデスク (1)
  • オリジナル壁面収納 (7)
  • オリジナル据え付け家具 (9)
  • カウンターキッチン (6)
  • キッチン収納 (34)
  • シアタールーム (4)
  • すべて (213)
  • マンションリフォーム (8)
  • リビングシアター (19)
  • 工房ブログ (100)
  • 戸建てリフォーム (6)
  • 新築 (7)
  • 東京での施工例 (52)
  • 洗面化粧台 (15)
  • 神奈川での施工例 (11)
  • Archive

    kannaで製作したものではないですが
    アンティークの椅子をお預かりして調整を行いました。
    また活躍してくれることを願っています。
    もうすぐ納品予定の1Pソファです。
    奥に同じ生地のオットマンも出来上がっています。
    ウォールナット素材に少し光沢のある生地で高級感がある仕上がりです。
    今後、経年によって木の色の変化も楽しめると思います。
    製作途中の収納家具です。
    フリーフラップの金具を取り付ける作業中です。
    kannaで製作の家具には多くの場合、ドイツ製の金具を使用しています。
    流山市 Y様ご依頼いただいた、天袋の扉用のウォルナット無垢材です。
    3800mmの大きな扉は1枚板で用意できないため2枚を合わせての製作となります。
    無垢材ですのでそれぞれ違った木目ですが、
    つなげた際に違和感のないよう意識して木材を選んでいます。

    何度もお世話になっている芦屋市のE様ご依頼のチェア。
    kannaオリジナルチェアの変型です。
    座面はオリジナルよりも幅を広くとってあります。
    この後、キャスターを取り付けるので脚は太めです。
    それぞれのお客様のご要望に臨機応変に対応できるのが
    オーダー家具ならでは!です。
    来週納品に伺う予定の、埼玉県F様ご依頼のテーパーレッグ肘ありチェア。
    ウォールナットの濃い木の色にLELIEVREの生地が素敵です。
    柄生地は2脚の柄にズレが無いように張り上がっています。さすが!の手仕事です。
    たくさんある生地から張地を選ぶのは難しいですが直感を信じて
    ビビビッと決定するのが素敵な仕上がりのコツかもしれませんね。

    いつもお世話になっているお客様のお宅に家具の取り外しに行ってきました。
    普段、kannaの家具以外の取り外し作業は承らないのですが、今回は特別に。

    アンティークの高級家具。慎重に慎重に。
    古い家具ですが、とても綺麗な状態との事。
    長く使ってもらえる家具は幸せですね。
    kannaの家具も大切に長く使ってもらえることを願っています。

    午前中、フラッシュ加工作業中でした。
    木取りという作業中です。カットした木材をタッカーで梯子状に組んでいきます。
    この枠はご注文頂いた家具の棚板、ダボの等の位置も考えて組んでいます。
    この枠に接着剤で表面になる材料を貼っていきます。
    その後、プレス機に入れて圧着、長さ幅に応じてカットします。

    全ての工程において、必要分の板が完成するように計算しての作業です。
    kannaオーナー曰く、頭が良くないと出来ない作業!です!

    家具オーダーの際、突板の方が材料費の面でコストダウンになるとご提案していますが、手間と時間をかけて製作しています。
    ちなみにですが・・・
    フラッシュは軽く、反りや歪みなどの狂いが少ないのが特徴です。
    表面のみに表面材を使いますので木材の有効利用にもなります。
    家具によって無垢材をお勧めする物と、突板をお勧めするものがある理由を知って頂けると嬉しいです。

    前回にもご紹介した品川区T様ご依頼のTVボードです。
    完成形に近づいていました。分割した状態でお持ちし、
    現地で設置・取付作業をして完成です。

    埼玉県F様ご依頼の1つ、食器棚です。
    マットな白でキッチンが明るい印象になりそうです。
    同じくF様ご依頼の1つ、ダイニングテーブルの天板です。
    ハタガネ(端金)を使い木材同士を強く接合しています。
    いかにしっかり接合できるかによって仕上がり強度が違ってきます。

    リビングからダイニングへ続くマンションの戸境壁に設置した壁面家具。
    壁面のおおきな据付家具は戸建て住宅ではなく、この戸境壁に設置する場合が圧倒的に多い。
    今回の施工事例はリビングスペースからダイニングスペースへ一体の家具を製作しているが、
    それぞれのスペースでの用途や意匠がしっかり変化しているデザイン。

    まず、左はリビングのテレビボード、そして中央のトールはリビングスペースとダイニングスペースを分ける意味での境界線と両方のスペースで共有する物を収納する役割、そして右側はダイニングスペース。

    ダイニングスペースは壁面の棚だけで少し殺風景に見えるが、ここはダイニングテーブルが置かれることを前提としたボリューム感で設計している。

    もちろんリビングスペースについてもソファーやローテーブルが置かれることを前提とした設計をしていることは言うまでもない。

    品川区W様 ご依頼の天板スリットのローテーブルです。
    完成間近です。
    ご使用時には見えないところにkannaの焼印が入りました。


    品川区T様 ご依頼のTVボードです。
    オーク材にグレーアッシュの染色をしました。
    いい色味です。
    これからオイル加工を施します。

    品川区M様 ご依頼のダイニングテーブルです。
    1月末の納品に向けて頑張って製作中です。

    目黒区の高層マンションへの納品事例。
    納品点数はテレビボード、ダイニングセット、ベッド、水槽台の4点。
    水槽台については水張りセット完了後に再撮影いたします。
    ダイニングとリビングスペースを兼ねた空間の為、
    テレビボードの高さは少し高めに設定。
    テレビボードには水槽を置くための配管をつなぎ、濾過器やポンプ等を扉内に収納できる仕組みが備わっている。

    ベッドスペースは幅が1900mmしかない為、
    置き式ベッドではなく据付で製作。

    間接照明を設置しフロアーをスキップさせることで空間に動きを与え
    面白い空間に仕上げている。

    目黒区の高層マンションへ。
    今回は大型の水槽台とベッド、テレビボード、ダイニングテーブルと椅子の納品事例。
    水槽台はについて水槽が完成したら再度撮影にお伺いする予定。

    ウォールナットのテレビボードとテーブル、椅子はテーパーレッグの肘ありを2脚。
    天袋右側にはエアコンを隠蔽し収納している。
    テレビボードにも小さな水槽を置けるよう、内部に濾過器やポンプなどを収納できる仕組みを設けている。
    そしてベッド。
    部屋幅が1900mmしかない為、市販のベッドを置くと窮屈に見えてしまう。
    そこでご提案したのが、床をスキップさせそこにベッドのフレームを置く方法。
    背面と足元の間接照明は、枕元の両サイドにスイッチを設置。それぞれ別回路で入/切り可能。
    もちろん調光もできるので夜間の照明としても便利に使っていただけると思う。
    そして手前に見ている台が後日撮影する水槽台。

    4.5メートル弱のオーダーテレビボード。
    白のつや消し素材とクルミ材のワックスフィニッシュの組み合わせのテレビボード。
    ディスプレイの関係で右側の棚板の一段は短くなっている。

    左のガラス部分はブロンズスモークでオーディオ機器等の収納部。
    そしてオープン棚はお子様のおもちゃ収納と本棚の設定。

    最近kannaで多く取り入れているマットなソリッドカラーの素材。
    まだまだ世に広まっていない素材だが、施工例も増えている。

    白マットとワックスフィニッシュのクルミ材との組み合わせで、
    白木独特のあっさりした都会的な雰囲気に仕上がっている。

    ワックスフィニッシュはツヤ感のない仕上がり。
    その素材に対して白マットがなんとも言えない世界感を出している。