Calendar

New post

Archive

ブラックチェリー材の長さ5メートルのスリットテレビボード。

hig1
現在迄のテレビボードの中では最長のサイズ。
これだけの大きさのスリット扉の部材の色目を揃えるには苦労をしました。
大きくなればなるほど色のバラツキがあれば気になって来るのでそこはこだわりたい部分。
その作業が無垢でありながらあっさりした表情を生み出している。

hig2
天板天板もなるべく色目を揃えて製作。
ジョイントはなるべく目立たない様に色目と木目をあわせている。

hig4まだ焼が入っていないブラックチェリは色が薄くオイルのしみ込みむらをおこす。
タンニンを多く含んだチェリー材はみるみるうちに濃い赤茶に変色し
オイルむらや木目の派手さがなじみ落ち着いた風合いへ変化して行く。
その変化も楽しみのひとつといえるだろう。

hig3

 

nnak5ピイラ材の引き戸と木壁。
同じ素材を加工し壁材と建具を製作。
6年前に製作したものだが年々風合いと味が増している。

nnak1nnak2nnak3通しと言って同じ木目を持つ板で全ての建具や家具を製作する事で、
部屋全体の質を統一している。
点数が多くなればなるほど容易ではない。
こちらも6年前に製作したもの。

nnak4階段に室を区切るガラスの壁。
暗くなりがちな階段スペースを明るく広さを感じさせながら暖房効率を上げている。

hmp1長さ4mを超えるハードメイプルの据え付けキャビネット。
一見全てが抽き出しの様に見えるが、実は扉収納や棚引出し等もあり、
本やプリンター、アクセサリー収納等様々な物を収納出来る構造になっている。
右下にはルンバのピットも、、、。

hmp2

芦屋市の新築物件で建具製作させて頂いた物件。
タモ材の追い柾材で狂いが少なく木目に表情が出る様に製作。
床から垂れ壁まで木目が通る様に製作しているので、2800mmの一枚のドアに見える。

okta3ドアは建具枠に被せ枠材が全く見えない方法で吊り込み。
和のイメージを持つがシンプルでモダンな印象に仕上げている。

okta低く横長でドッシリした印象の家。

okta2

m.bct1
長さ4mを超えるリビングボード。
材質はブラックチェリー無垢材の
ブックマッチで、左の1スパン以外は全て扉収納になっている。

天板と台輪手掛かり部を白にし軽やかな印象の仕上がり。
扉内部は全て可動たなを1段備えていて、雑誌等も収納が出来る確保している。

m天板面にはkannaオリジナルの特殊な方法により、
どの場所からでも配線がスッキリ納められる仕組みになっている。

bct3ダイニングキャビネットもブラックチェリーの無垢材。
天板や台輪部に白を取り入れる事で明るく柔らかい印象に。

bct4お客様のご要望で、左の引出しの内部に、デジカメなどの
小物家電が充電出来る仕組みを作っている。
勿論天板部にも配線経路を確保し、全ての家具に巾木コンセントを設置している。

wchd1ウォールナット無垢材家具を東京へ納品。
無垢材の框組みの引戸と引出しの家具ですが出来るだけシンプルなデザインに。
しっかり赤味のはったウォールナット材は一級品です。

wchd2重たい雰囲気になりがちな家具だが脚式にして軽やかな印象にしている。脚は角脚の2方転び。
全てオーダー対応で製作しているのでお好みのデザインや材質で政策が可能です。

izn1タモ材を白染色したスリットTVボードに上部棚、右側には縦型の引戸収納を。
そして同室の別の壁面にカウンター収納を設置。
リビングルームの収納が少ないのでとにかく収納を、でもあまり圧迫感がなく部屋の雰囲気を壊さない様にと言うご要望で収納部は全て白。木部は木の質感は残しつつもあまり存在感が出ない様に白で染色した物をチョイス。
izn2

buk1キッチンのカウンター下のデットスペースに据え付けのキャビネットを取り付け。
真っ白な素材は清潔感があり、今のお部屋のイメージを崩さないのでお勧め。
左下はルンバの充電専用のピットになっていて背面部にコンセントを設置している。
buk2