お客様の顔が見える仕事

作り手とお客様との接点が無くなりつつある世の中だからこそ、そこにこだわっていきたい。それが私たちの考えです。
それは単純に関わりをもち親密な関係を築いていくと言う事ではなく、自分が果たすべく責任をきっちり果たしていき、
そして人と人とのつながりを、ある程度距離を保ちながら維持していく事だとおもっています。



kannaのこだわりでもある、1人の職人が1つの家具を全て作っていく事や、サンドペーパーを極力使わず鉋で仕上げていく事、
ダボを使わずほぞで組んでいく事など、これらのすべてがお客様に対して作り手が責任を持つという事につながっていくと思っています。

材料の選別やデザインなどにもこだわりがあるのですが、無垢材や天然素材を使い出来るだけ現代的なデザインを打ち出していく。
それは現代の住宅環境にマッチし、その他に使っておられる家具との調和の為には必要な事だと思っています。

無垢なのに無垢じゃないと思えるぐらいあっさりした仕上がりは、材料の選定もかなり重要になって来ます。
節や色幅を多く取ってしまうと全体的にうるさい仕上がりになってしまう。
「無垢材だからこうなるのです」と言う言葉を耳にした事がある人もいるかも知れませんが、
それは仕入れた材料を使用する場所にあわせて振り分け、天板用や脚用、箱物用に選別する作業をしていなかったり、コストを最優先していると言う事です。


そして、サンドペーパを使わず鉋で仕上げていく事にも深い訳があります。
オイルフィニッシュと言われる塗装はウレタン塗装の様に塗膜を作らない仕上で、
塗膜がないと言う事は、木を直に肌で触る事になるので仕上が重要になって来るのです。
そして自然な光沢を出す事や、面を均一に保つためにも鉋は欠かせない道具なのです。
これらの作業の全てが、お客様の顔が見える仕事がしたいと言うkannaのこだわりなのです。