最近発注が多くなってきたイタリアのフェニックスを使った家具。
国産でもマットな素材が開発され海外に比べると少し安価で販売されだしたが、
海外のものとの違いは、微妙な色合いや手触りなど。
微妙に違うなら別に国産でいいのではと思われるが、製品になり実際にその物を目にすると全く違うことに気付く方が多いだろう。

ブラウンベージュのフェニックスを使ったダイニングボード。
木部はウォールナット材のワックスフィニッシュ。
ダイニングスペースに設置しているので奥行きは浅めで本棚として使うのが主な用途だが、ディスプレイスペースなどに使った照明が良い雰囲気を演出している。
そして寝室に設置したクローゼット。
ウォールナットのワックスフィニッシュのパネルを組み合わせて作ることによって
価格を抑えながらも収納力を確保している。

今回はオーダキッチンについて。
オーダーキッチンを手がけて15年。
オーダーキッチンは建築工事との取り合いが多く、特にハウスメーカーの現場に納めるとなると至難の技、、、と言うか、やりにくいと言うか・・・正直、面倒なことが多いと言った方が正しいかもしれない。

一点一点お客様の要望に合わせて製作する我々と、皆同じ物ではないといけないと言うハウスメーカーとがミックスするんだから当たり前と言えば当たり前なんですけどね。

でも、ここ数年ハウスメーカーで家を建てる予定のお客様からのオーダーキッチンのお問い合わせが多くなってきている。
ハウスメーカとしてもお客様のニーズに合わせていかないと、このままではダメだと言うことが少しずつではあるが分かりはじめているのでしょう。

大量仕入れ、工事の大量発注をし、下請け業者や取引先から一円でも安く仕入れし、巨大化した組織の経費や巨額のテレビCMの費用を捻出しなくてはいけないハウスメーカーとしては、設備機器の部分を施主支給にされてしまうと利益が減ってしまうのだから仕方ありません。

そんな難関を乗り越え、先日実現したハウスメーカでの施工をご紹介します。

世田谷での施工事例です。
黒フェニックスとゼブラナットのコンビネーションのキッチン。
そしてキッチンバックボードとガラス収納、テレビボードが1階の納品品目。
2階についてはまだ工事中なので後日ご紹介します。

どうしても抜くことができなかったと言うキッチンに食い込んだ壁。
その部分にはセラミック不燃パネルを貼り、そこに食い込む形のゼブラナットの扉がいい感じです。
そしてキッチンをL型に囲むように配置したバックボードとガラス収納。
そこにもアクセントとしてゼブラナットをチョイスしています。
そしてテレビボード。
テレビボードにはブラックチェリーとブラックスモークガラスを使用。
テレビの壁掛け面には石調のセラミックパネルをチョイスしています。

これだけ大きな収納を、傷のつき易い仕上がった黒のクロスの壁に据え付けていく作業は、かなり神経を使う作業でした。フィラーなど一切使わず擦り合わせて納めていくは気の遠くなる作業でしたが、文句なしの収まりでホッとしました。
その夜のビールと焼肉が最高だったことは言うまでもありませんよね、、、。

新型コロナウイルスの影響により4月3日より神戸店と目黒店、そして神戸HDCも閉店の状態が続いているが、工房の製作と納品の作業はフル回転で動いている。
この未曾有の状態はいつまで続くのだろうか。
慣れない在宅ワークもなんとかこなせるようになってきたので、久々のブログ更新を、、、。
関西と関東を行ったり来たり!たくさんの納品や久しぶりに製作も少ししてきました。


まずは工房での製作!
天井のシーリングを外し取り付けりることでダウンライトと配線ダクトを設置することができるようになるパネル。
取り付けるとこうなります。
ユニバーサルダウンライトとスポットライトを取り付けれるようになります。

そして次は東京江戸川区へ
新築戸建のリビングにテレビボードを設置。
壁の前にさらにパネルを設置し間接照明とタイルを貼りテレビードと棚板をフローティング。
窓開口部に合わせてパネルを開口している。テレビは施主様で壁掛けされました。

そしてまた神戸へ!
今回の神戸の物件は、家具だけではなく照明やブラインドなど空間プロデュースのお仕事をさせていただいた。
リビング天井部分のクロスを張り替えダウンライトの設置と4本のペンダントをランダムに吊るすためのシーリングを天井に設置。
kannaでチョイスさせていただいたペンダントライトとさらにスタンドライトをお部屋のアクセントとして取り付けしました。

次にリビングの隣にある書斎スペースに本棚とデスクを設置。
本棚にはプリンターを置くキャスター付きのボックスを設置しコンセントの移設。
デスクは配線がごちゃごちゃしないように天板のコンセントや配線用のスリットを設置している。

そしてご主人の寝室。
ベットからテレビを見やすくするための壁掛け用のパネル。
テレビの設置高さは高めに壁掛けし首振りの金具を使い、見やすい位置に動かせる様にしている。
ベットサイドのチェスト上には、コンセントとベットヘットパネルの上の間接照明のスイッチが設置していてメイン照明をつけず、優しい間接照明でお部屋を少し明るくすることができる。

そして奥様の寝室。
こちらはメイプルのワックスフィニッシュのシンプルなベットフレームと
壁面クローゼット。
ハンガーパイプと棚板が自由にレイアウトできる様に設計している。

そして次は東京江東区の高層マンションのテレビボード。
0.9ミリ厚の単板を使ったドイツの突板とオークの無垢材、そして鉄錆風のセラミックパネルと黒マットのテレビボード。
テレビモニターは85インチの液晶テレビを壁掛で設置。
そしてB&Wのスピーカーを使った5.1サラウンドとダウンライト工事も施工。
新築マンション完成後にクロスの張替え工事をすることなくダウンライトやサラウンドのリアスピーカーの埋め込み設置。
マンションでもサラウンドやスクリーンなどを使ったホームシアターの設置も弊社なら施工できます。

次に東京品川区の新築高層マンションのテレビボード。
ゼブラウッドを使った浮かしのテレビボードとダイニングの照明付き天蓋と棚板。
2枚の棚板の背面壁はグレーマットの塗装をし空間を引き締めている。

そして次に目黒区の新築マンション。
ダイニングテーブルと椅子を先に納品し、次にテレビボードとデスク収納を納品。
デスクはオリーブグレーのフェニックスとウォールナットのコンビネーション。

テレビボードはメイプルのオイルフィニッッシュ。
そして今回の最大の難関がスクリーンとプロジェクターの設置。

既にクロスで仕上がっている天井や梁に電源や配線を通し、スクリーンやプロジェクターを設置。
音響はKEFの薄型スピーカーとソニーの4Kプロジェクターを天吊りで設置している。

まだまだコロナの影響で5月末まで自粛が続くが、
大きな物件も含め納品ラッシュが続く。

お客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、ご予約やリモートと等でお打ち合わせをお願いしております。
8月の納品を予定されておられるお客様は、ホームページのお問い合わせホームか
フリーダイヤルにてお問い合わせください。

新年あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

新年最初は、ここ最近の東京納品の家具達と京都Y邸新築物件の外観を一気にご紹介します。
まずは京都Y邸新築物件の外観。
内装や家具達はすでにホームページにご紹介していますが今回は外観。
京都の風致地区だったため外観デザインはかなり苦戦し完成した物件。
画像ではわからない素材感が魅力の家が出来上がった。
↑ 次に埼玉県I邸。
神戸店のお客様でもあるI 様ですが今回は埼玉県のお家の家具をご依頼頂いた。

↑ 次は東京大田区のH様邸の本棚。
H様はご自宅新築時に洗面や下駄箱、シアター壁面テレビボードをご発注いただき、2度目のご依頼。
↑ 最後は東京町田市のY邸テレビボード。
テレビボードと壁紙の張り替え工事をご依頼。
壁紙はイギリズの柄物の壁紙をチョイス。

今回数件まとめてご紹介させていただきましたがいかがでしたか?
本年もどんどんご紹介していきますのでみなさんオーナーブログに遊びに来てください。ではでは、、、、。

東京渋谷から横浜の北部を通る田園都市線。
今回はその田園都市沿線も横浜北部の町へ納品に伺った。
実は僕自身もこの田園都市線沿線に住んでいます。

今回の納品はテレビボードとチェスト、洗面化粧台とトイレの手洗いの納品に伺った。

リビングに設置したテレビボードと据付のチェスト。
最近よく使う黒マット素材だが、この黒マット素材ににウォールナットの新しい仕上げのワックスフィニッシュの相性が抜群にいい。

このワックスフィニッシュは名前の通りワックスのみで仕上げた質感を汚れにくくするオイルを使いながら出す方法で、北欧でよく用いられるソープフィニッシュに近い仕上がりになる。
このソープフィニッシュは無塗装に近い仕上がりで、木のそのままの表情で楽しめるのが特徴である。

 次に洗面化粧台とトイレの手洗いカウンター。
こちらはオーク材をワックスフィニッシュで仕上げた物。

洗面台の天板にはクオーツストーンにグローエ製のアンダーマウントボールをチョイス。水栓金具も同じグローエ製。

トイレカウンターは黒マット天板で、セラの取り扱っているスカラベオ製のボールとTOTOの自動水栓を選択。
衛生面に気を使った仕様となっている。

今年ももう一月を切り年末の慌ただしい毎日が続きますが、
みなさん体調壊されませんようご自愛ください。

関東方面の納品の場合、一旦川崎倉庫に4トン車で輸送しそこから小さなトラックにb物件単位で再積み込みし納品に伺う。
1件目の納品は東京港区Y邸のウッド扉のテレビボード。
タモ材柾目のワックスフィニッシュ仕上げのテレビボード。
赤外線エミッターを使い隠蔽時でもリモコン操作を可能にしている。
隣の金属とガラスのケースはバイオエタノール暖炉。
このバイオエタノール暖炉はkannnaでも取り扱いしているもので神戸店の新作テレビボードにはビルトインタイプが実際に展示してある。

こちらが神戸店のテレビボードの画像。
下の画像は実際に炎を灯したところですが、この暖炉一酸化炭素を排出しないので煙突が不要でマンションなどにも設置できるのが特徴。
次に、田園調布K邸の地下室のテレビボードと本棚。
素材はオークのオイルフィニッシュでL型に配置している。
地下室のため、本棚の背板にスリットを用い、通風と配光ができるように工夫している。

そして最後は杉並区のT邸AVボード。
施主様のT様はいつもお世話になっているホームシアターファイルと言う雑誌の編集をしている方で、お宅のAVボードのご注文をいただいた。
今回のAVボードの納品の様子はホームシアターファイル誌のウェブページで紹介していただく予定。
僕の画像も紹介していただけるようでとても嬉しく恥ずかしいです(^_^;)
12月頃のWEBページになる予定と言うことですがとても楽しみです。

神戸市東灘区H邸へ。
まずはテレビボード。
奥行きのあるオーク材の盾スリット材とクオーツストーンのテレビボード
デザインを色々工夫し配線隠蔽を可能にした。
こちらはリビングボード。
白の鏡面吹き付け塗装仕上げ。
天板はグレーのクオーツストーン。

こちらはキッチン収納で、リビング収納とは対照的なマット素材。
そして玄関ホールから廊下へタイルとミラーを施工。

10月もあと数日、、、、。
11月上旬から中旬は関東方面の納品ラッシュ!!頑張ります。

月刊誌HiVi 2019年11月号の シネマ・イン・ホームのインテリア編で取材して頂きました。
今回は4ページの紙面で、京都山田邸の新築工事と神戸店リニューアルにスポットをあてて頂きました。


今から一年程前、山田様に京都で家を設計していただけませんかとご依頼をいただいた。
京都でも風致が厳しい地域だったこともあり、今回は設計を共同でし施工は京都の工務店さんで施工して頂きました。

kannaのオリジナル家具がたくさん入ったお家で、今回リビングシアターも設置。
そのリビングシアターを取材していただきました。

リビングシアターはリビングが主役であるということを大前提としている僕は、
シアターの気配を無くすということがコンセプトだったり、格好良く見せるがコンセプトだったり、その方向性を施主様のシアターに対する考えなどをヒヤリングしながら決定していく。

全くシアターの気配を感じない部屋が突然映画館以上の映像や音で映画や音楽を再生し始める。その完成度はおおよその人の予測を裏切るほどの高いクオリティーだ。

僕自身寝室に120インチのスクリーンと5.2.1chの3Dサラウンドを設置しているホームシアターユーザーであり、その始まりは今から30年前。
その時代から考えると現在ははるかに安価な機材でハイクオリティーな音と映像が楽しめる。
日本は家電量販店での機器購入が普通なため、なんとなく大ごとのように思えてしまうが、そんなことは全くなく手軽に楽しめるので皆さんも一度体験してみてください。

オーディオルームの構築のため姫路市へ。
オーダーメイドのLVパネルLVパネルと言われる拡散吸音パネル。
kannaオリジナルと言いますか、私艸島のオリジナルと言いますか、、、。
東京から西宮の工房へ数日の出張で製作。

このパネルの役割は高音域の反響の拡散と吸音、そして低音域の吸音の両方を備えている。
オーディオルームにはこれ以外にも吸音素材を取り入れ残響音を調整するのだが、
そもそもなぜそんなことが必要なのか、、、。

皆さんも経験あると思いますが、コンクリートに囲まれた部屋で大きな声(特に高音)を出すと音がやけに反響し耳障り、、、。そんな経験ありますよね、
六面体の部屋の壁に声が跳ね返り続け、とてつもない硬質な残響音に囲まれることになります。とても音楽など聞けません。
この残響音言葉の通り響きが残るということなので、瞬間的に出た音も長い時間の響きになり、次に発した音に被さることになるので音が途切れくことなくなり続けているように聞こえてしまうのです。
かといって、残響音をゼロにすれば良いかというとそういう問題でもなく、
良質な残響音を適度に残すことが大事、、、良質な残響音が適度に必要です。

まあ、普通にリビングなどで小さなスピーカで音楽を聴く場合は必要ありません。
これはオーディオマニアの方が音楽を聴く専用室やシアター専用室を作る場合などに必要な工事なのです。
この写真は、現在の神戸店に移転する前の六甲アイランド店内に設けていたシアターの専用室。
この部屋もLVパネルや吸音パネルを多く使い音の調整をしているのがわかりますよね。
こうすることで、リアルで臨場感と迫力のある音質での再生を得ることができるのです。

マニアックな話を長々としましたが、簡単にいうと『いい音』になるということです、、、。
男のロマンと言いますか、、、。あなたもこんな部屋作ってみませんか!

京都市左京区で新築一戸建ての建築依頼をいただきデザインを開始。
今回は風致などかなりの制約があり建築設計は神戸の野村建築研究所さんに依頼し、
建築は京都のかわな工業さんに依頼。

現在は外構工事と外部残工事が進行中なので外観を含めた写真は後日アップします。
ということで室内の家具をご紹介します。

まずはキッチン。
京都市左京区 オーダキッチン

黒のマットとブラックチェリーのコンビネーションキッチンとキッチンバックボード。
ビルトイン機器はキッチン側にガゲナウのハイカロリーバーナーと2口IHにボッシュの食洗機、グローエのK7。
バックボード側に、ミーレのエスプレッソマシーンと電子レンジ付きオーブンとワインセラーがビルトインされている。
淡いグレーのタイルと黒のマットとブラックチェリーのコントラストがとてもマッチしている。

そしてリビングへ向かう廊下にサブの洗面を配置。
オーダーの洗面台そこを抜けるとアールに貼られたラワン材の船底天井のリビング。
スクリーン内蔵の島型テレビボードとソファーの右側には間口2メートルの窓があり
そこからの眺めは絶景だ。
ビルトインソファーと天袋 据付のソファーはブラックチェリーフレームと黒革のフェザークッション。
そして天袋にはエアコンとプロジェクターをビルトイン。
外観を含めた全ての完成は11月を予定している。