Calendar

2018年11月
« 10月 12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 

Category

  • AVラック (31)
  • I型キッチン (6)
  • TVボード (112)
  • アイランドキッチン (15)
  • オーダーメイドソファ (30)
  • オーダーメイドテーブル (34)
  • オーダーメイドデスク (17)
  • オーダーメイド壁面収納 (67)
  • オーダーメイド椅子 (33)
  • オーダー据え付け家具 (97)
  • オリジナルソファ (1)
  • オリジナルデスク (1)
  • オリジナル壁面収納 (7)
  • オリジナル据え付け家具 (9)
  • カウンターキッチン (6)
  • キッチン収納 (34)
  • シアタールーム (4)
  • すべて (219)
  • マンションリフォーム (8)
  • リビングシアター (19)
  • 工房ブログ (113)
  • 戸建てリフォーム (6)
  • 新築 (7)
  • 東京での施工例 (52)
  • 洗面化粧台 (15)
  • 神奈川での施工例 (11)
  • Archive

    4.5メートル弱のオーダーテレビボード。
    白のつや消し素材とクルミ材のワックスフィニッシュの組み合わせのテレビボード。
    ディスプレイの関係で右側の棚板の一段は短くなっている。

    左のガラス部分はブロンズスモークでオーディオ機器等の収納部。
    そしてオープン棚はお子様のおもちゃ収納と本棚の設定。

    最近kannaで多く取り入れているマットなソリッドカラーの素材。
    まだまだ世に広まっていない素材だが、施工例も増えている。

    白マットとワックスフィニッシュのクルミ材との組み合わせで、
    白木独特のあっさりした都会的な雰囲気に仕上がっている。

    ワックスフィニッシュはツヤ感のない仕上がり。
    その素材に対して白マットがなんとも言えない世界感を出している。

    約一年の工期をかけ完成したリフォーム。
    以前の内装や配管、電気などは全て撤去し、新たに間取りを組んでいます。
    度重なる仕様変更や工事中の変更などでなかなか工事が進まず少し疲れた感がありますが無事完成しホッとしました。

    最初にキッチン
    イロコの幅広フローリングに壁と天井は漆喰のコテ抑え。
    見切り材がない大空間の漆喰仕上げは大変で多くの職人さんで一気に仕上げなくてはならない。
    一階ブラックチェリーのディスプレイキャビネット。
    無垢の面材と漆喰左官仕上げのオープン部分で構成されていて、照明はルーチの調光タイプを使用している。
    所狭しと並べられているアンティーク家具。
    その家具たちとの調和がコンセプトになっている。
    黒の塗装が施された書斎。
    120インチのスクリーンの映像とサラウンドも設置している。

    一階エントランスと洗面台。
    オーダーの建具と洗面台でミーレ製の全自動洗濯機がビルトインされている。

    僕自身はほとんど東京にいるため、お客様とのやりとりは神戸店のチーフデザイナーの常峰が担当。
    長期のリフォームにもかかわらず、うまく全体をまとめ無事完工できたことに感謝している。
    リフォーム工事の場合は新築と違い、多くの問題等も発生するため豊富な経験を持っていないとなかなかうまく納まらない。

    次は京都での新築工事が着工間近!
    もう少ししたら工務店さんとの家具納まりやシアターの配管打ち合わせ等が始まる。
    忙しくなりそうだ!!

    オークのアイランドキッチンとバックボード。
    オーク面材にトップはクオーツ。
    機器類は以下のものをチョイス。
    AEGのガスコンロとIHクッキングヒター、ミーレの60センチタイプ食洗機
    レンジフードはアリアフィーナ、グローエ水栓、ミーレ電子レンジ付きオーブン。
    食器棚はオーク材と白のコンビネーションのものをL型に配置。
    洗面化粧台は2箇所。
    メインはメイプル材にブラッククオーツトップ。
    ボールはシームアンダーで人工大理石をチョイス。
    カウンター下にはミーレ製の全自動洗濯機をビルトイン。

    その他、リビングや書斎にもオーダー家具やシアターなどを取り入れている。

    芦屋市の山手I邸への納品事例。
    この物件は家具だけではなく、マンション自体のリフォームも施工。
    玄関部分とサブの洗面室。
    キッチンとダイニング部分の家具。
    アイランドキッチンと食器棚はオークのオイルフィニッシュをチョイス。
    天板はグレーのクオーツを使用している。
    一階のメインリビング。
    ブラックチェリーと漆喰のキャビネット。
    二階の書斎スペース。
    黒檀の本棚とスクリーンのシアター。
    最後にメインの洗面スペース。
    洗濯機はミーレの全自動をチョイス。

    安藤忠雄建築芦屋のメゾネットマンションのリフォーム工事。
    アンティーク家具を多く所有される施主様の趣味に合わせた家具や内装プランでリフォーム。
    玄関と一階洗面室。タイル張の落ち着いた空間の玄関とサブの洗面室。
    一階のキッチンダイニングスペース。
    アイランドキッチンと食器棚はkannaオリジナル。

    一階リビングスペースのディスプレイ家具。
    スリットに挟まれた白い部分は漆喰を左官仕上げしている。

    照明はルーチの電球色をチョイス。
    二階書斎。
    本棚の前にはスクリーンを使ったシアターが。
    メインの洗面台。
    メイプルの面材でミーレの洗濯機をビルトイン。

    テーパーレッグの肘なし。
    生地はエルメス傘下のクリエイションメタフォールとサンゲツのドット柄。
    空間との調和を意識した生地選びが重要。
    同じテーブルに生地違いで張り分けをする場合センスが求められる。
    国産生地も質感の高いものがあるのでうまく取り入れて素敵な空間に仕上げてください。

    テーパーレッグの肘なし椅子。
    椅子やソファーの場合、フレームの木の種類も大事なポイントだが、
    それ以上に生地選びが重要になると思う。
    国産生地だけでなく海外生地のサンプルも用意しているのだが、質感や色、光沢、肌ざわりなど、それぞれに特徴がある。あまりの多に選ぶのも大変になってくる。
    僕は、既存の椅子やフレームとの相性よりも、
    空間との調和やアクセントなど、それがおかれる空間とのマッチを意識して生地をお勧めする。
    だがこの生地選びは、かなり個人の好みが出る部分でもあり、なかなか難しい。
    kannaではる生地は、国産生地のほか海外のゴルティエやエルメス、ブザックやルリエーブルなど様々な生地を見ていただける。
    ぜひご来店いただき、実際の質感を体感してほしい。