Calendar

2020年5月
« 1月 6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Category

  • AVラック (32)
  • I型キッチン (6)
  • TVボード (121)
  • アイランドキッチン (18)
  • オーダーメイドソファ (32)
  • オーダーメイドテーブル (36)
  • オーダーメイドデスク (19)
  • オーダーメイド壁面収納 (74)
  • オーダーメイド椅子 (31)
  • オーダー据え付け家具 (100)
  • オリジナルソファ (5)
  • オリジナルデスク (1)
  • オリジナル壁面収納 (8)
  • オリジナル据え付け家具 (9)
  • カウンターキッチン (7)
  • キッチン収納 (38)
  • シアタールーム (4)
  • すべて (229)
  • その他 (23)
  • チェスト (4)
  • ニュース (30)
  • マンションリフォーム (14)
  • リビングシアター (22)
  • 価格 (35)
  • 工房ブログ (137)
  • 戸建てリフォーム (5)
  • 新築 (7)
  • 本棚 (16)
  • 東京での施工例 (55)
  • 洗面化粧台 (17)
  • 神奈川での施工例 (12)
  • 豆知識 (4)
  • Archive

    kannaでは壁面に取り付ける大きな収納や本棚、テレビボードや食器棚の施工事例が多くあります。


    この壁面に取り付けられる収納の対荷重や取り付け方法、そして引っ越しの際の取り外しや、取り外した後の壁ってどうなるの?といったご質問が多くあります。

    基本的に建物が出来上がっている状態で家具を取り付ける場合はビス(ねじ釘)で壁に固定します。
    現在の建物の壁は石膏ボードにクロスや左官など表面仕上げが施されていますが、
    このプラスターボード(石膏ボード)はベニア板などと違い釘やネジで重いものを固定することはできません。

    では何に固定しているかというと、ボードの中の骨組みに固定するのですが、
    この中の下地の素材の代表的なものが木軸、軽量鉄骨、コンクリートGL工法。
    木造住宅の場合建物が木造なので当然下地は木ですが、マンションの場合コンクリート壁の前に軽量鉄骨で作った二重壁を作ります。

    取り付け強度面で言うと木軸の場合はビスの止めつけ強度がかなり強く、
    フロートのテレビボードや棚板、本棚など多くのものをかなりの対荷重で固定することができるのですが、
    軽量鉄骨の場合は、極薄の鉄板にしかビスが効かないためあまり強度が出ないのです。


    kannaではこの軽量鉄骨下地の場合でも重いものが入れれる方法を独自持っているので、かなりの耐荷重を出すことができます。

    そして取り外した際の傷ですが、ねじ釘を何本か止めているだけなので、
    ネジを外し補修用のコーキングで埋めればほとんどわからない状態に戻すことができます。

    さすがに賃貸住宅の場合は制限がありますが、
    分譲住宅の場合ほとんどのものが取り付けできますし、
    取り外した際もほとんどわからない状態へ復旧することができるのです。
    特殊な物件の場合は壁に穴を開けたりする場合もありますが、
    その場合も大工さんに半日入ってもらい、クロスの張替えさえすれば完全に元どうりに戻すことが可能なのです。

    みなさん大掛かりだと思っている人が多いですが、
    取り付けも1日で終わる簡単な工事ですのでお気軽にご相談ください

    昨日、世田谷区に納品に伺いました。
    工房で製作したキッチンを積んで西宮から東京へ。
    このところ東京への納品が増えています。
    とても素敵なキッチンに仕上がりました。
    間接照明が雰囲気を一層おしゃれにしてくれています。
    このお宅には6月中旬に、上に掲載してあるものをはじめとする、
    たくさんの家具たちを納める予定でいます。
    製作の方も頑張って進めていきます!(^^)!

    東京目黒区の新築マンション。
    メイプル材のテレビボードとリビングシアター。
    右側壁面を利用したオープン棚とFIX窓まで伸びたテレビボード。
    テレビボード左スペースは掃き出し窓でバルコニーへの出入りがある。

    そして今回はテレビモニターだけではなくスクリーンも設置。
    事前工事はできないため引渡し後の配線工事となるが、もちろんクロスの張替え工事はしていない。
    一段下がった梁部分を配線スペースにしプロジェクターやスクリーンの電源、
    スピーカーケーブルやHDMIを通している。

    リアスピーカーとプロジェクターは一部露出配線用のパネルを製作し隠蔽している。

    そしてデスクスペース。
    イタリアのマット素材とウォールナットのコンビネーション。
    ダウンライトの設置だけではなくコンセントとLANの移設もしている。

    東京都江東区の新築高層マンションの施工事例。
    オークグレーアッシュと黒マット、そしてダークグレーのセラミックパネルのテレビボードに85インチモニターを壁掛け。
    両サイドのトール州のぬスリット内部にはB&Wのトールボーイスピーカを収納し、
    センタースピーカーとサブウーファーはスリットのボード内に収める仕様で設計。
    そして天井にはダウンライト照明工事と埋め込みスピーカーを後付けしている。
    この工事、クロスの張替えをすることなく設置できてしまうのだ。
    今回は、家具設置に1日オーディオや照明工事に1日の計2日間で工事が完了!
    数多くのオーダー家具やシアター、店舗設計や新築リフォームなどを手がけている弊社では仕上がってしまったマンションでも後工事でこんな事までできてしまうのです。

    どんなことでも諦めず一度ご相談ください!きっと良い方法があるはずです!!

    東京から関西へお引越しのお客様。
    今回は家具だけではなく照明やカーテンなどもコーディネートさせていただいた。

    まずはリビングダイニング。
    新築高層マンションのフィックス窓部分にテレビボードを配置することにより
    リビングダイニングスペースのレイアウトも景色の良い窓側に向かうレイアウトが可能に。
    テレビボード左の柱の縦スリットは、柱正面にあるメディアコンセントから
    配線を見せることなくテレビボードに引き込むためと、空間に動きを出すためのアクセントにもなっている。

    そしてダイニングテーブルはソファースタイルにし広々としたリビングダイニングスペースを確保。白のレザーのソファーにブルーの1Pを差し色として1脚配置している。

    引っ掛けシーリングしかなかった天井は、クロスの張替え工事をし、ダウンライトと4灯のペンダントライトをテーブルの上に配置。
    ランダムな照明レイアウトも空間のアクセントとなっている。

    そして、リビングの隣に位置する書斎スペース。
    広々2人が並んで作業できるデスクと背面の大きな本棚。
    本棚の一部にはプリンター用のキャスター付きのボックスを設置。

    そして寝室。
    上はご主人様の寝室で、作り付けの間接照明付きのベトヘットと高い位置に
    テレビを設置すつための壁掛けパネル。
    こうすることでベットからテレビを見やすくしている。

    そして下は奥様の寝室。
    シンプルなベットフレームに大きなクローゼット。
    3枚の引戸の中には自由にレイアウトできる棚板とハンガーがある。

    新型コロナウイルスの影響により4月3日より神戸店と目黒店、そして神戸HDCも閉店の状態が続いているが、工房の製作と納品の作業はフル回転で動いている。
    この未曾有の状態はいつまで続くのだろうか。
    慣れない在宅ワークもなんとかこなせるようになってきたので、久々のブログ更新を、、、。
    関西と関東を行ったり来たり!たくさんの納品や久しぶりに製作も少ししてきました。


    まずは工房での製作!
    天井のシーリングを外し取り付けりることでダウンライトと配線ダクトを設置することができるようになるパネル。
    取り付けるとこうなります。
    ユニバーサルダウンライトとスポットライトを取り付けれるようになります。

    そして次は東京江戸川区へ
    新築戸建のリビングにテレビボードを設置。
    壁の前にさらにパネルを設置し間接照明とタイルを貼りテレビードと棚板をフローティング。
    窓開口部に合わせてパネルを開口している。テレビは施主様で壁掛けされました。

    そしてまた神戸へ!
    今回の神戸の物件は、家具だけではなく照明やブラインドなど空間プロデュースのお仕事をさせていただいた。
    リビング天井部分のクロスを張り替えダウンライトの設置と4本のペンダントをランダムに吊るすためのシーリングを天井に設置。
    kannaでチョイスさせていただいたペンダントライトとさらにスタンドライトをお部屋のアクセントとして取り付けしました。

    次にリビングの隣にある書斎スペースに本棚とデスクを設置。
    本棚にはプリンターを置くキャスター付きのボックスを設置しコンセントの移設。
    デスクは配線がごちゃごちゃしないように天板のコンセントや配線用のスリットを設置している。

    そしてご主人の寝室。
    ベットからテレビを見やすくするための壁掛け用のパネル。
    テレビの設置高さは高めに壁掛けし首振りの金具を使い、見やすい位置に動かせる様にしている。
    ベットサイドのチェスト上には、コンセントとベットヘットパネルの上の間接照明のスイッチが設置していてメイン照明をつけず、優しい間接照明でお部屋を少し明るくすることができる。

    そして奥様の寝室。
    こちらはメイプルのワックスフィニッシュのシンプルなベットフレームと
    壁面クローゼット。
    ハンガーパイプと棚板が自由にレイアウトできる様に設計している。

    そして次は東京江東区の高層マンションのテレビボード。
    0.9ミリ厚の単板を使ったドイツの突板とオークの無垢材、そして鉄錆風のセラミックパネルと黒マットのテレビボード。
    テレビモニターは85インチの液晶テレビを壁掛で設置。
    そしてB&Wのスピーカーを使った5.1サラウンドとダウンライト工事も施工。
    新築マンション完成後にクロスの張替え工事をすることなくダウンライトやサラウンドのリアスピーカーの埋め込み設置。
    マンションでもサラウンドやスクリーンなどを使ったホームシアターの設置も弊社なら施工できます。

    次に東京品川区の新築高層マンションのテレビボード。
    ゼブラウッドを使った浮かしのテレビボードとダイニングの照明付き天蓋と棚板。
    2枚の棚板の背面壁はグレーマットの塗装をし空間を引き締めている。

    そして次に目黒区の新築マンション。
    ダイニングテーブルと椅子を先に納品し、次にテレビボードとデスク収納を納品。
    デスクはオリーブグレーのフェニックスとウォールナットのコンビネーション。

    テレビボードはメイプルのオイルフィニッッシュ。
    そして今回の最大の難関がスクリーンとプロジェクターの設置。

    既にクロスで仕上がっている天井や梁に電源や配線を通し、スクリーンやプロジェクターを設置。
    音響はKEFの薄型スピーカーとソニーの4Kプロジェクターを天吊りで設置している。

    まだまだコロナの影響で5月末まで自粛が続くが、
    大きな物件も含め納品ラッシュが続く。

    お客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、ご予約やリモートと等でお打ち合わせをお願いしております。
    8月の納品を予定されておられるお客様は、ホームページのお問い合わせホームか
    フリーダイヤルにてお問い合わせください。