Calendar

2016年8月
« 7月 9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

Category

  • AVラック (32)
  • I型キッチン (6)
  • TVボード (117)
  • アイランドキッチン (17)
  • オーダーメイドソファ (31)
  • オーダーメイドテーブル (35)
  • オーダーメイドデスク (17)
  • オーダーメイド壁面収納 (71)
  • オーダーメイド椅子 (31)
  • オーダー据え付け家具 (97)
  • オリジナルソファ (5)
  • オリジナルデスク (1)
  • オリジナル壁面収納 (8)
  • オリジナル据え付け家具 (9)
  • カウンターキッチン (7)
  • キッチン収納 (37)
  • シアタールーム (4)
  • すべて (225)
  • その他 (22)
  • チェスト (4)
  • ニュース (13)
  • マンションリフォーム (14)
  • リビングシアター (20)
  • 価格 (35)
  • 工房ブログ (122)
  • 戸建てリフォーム (5)
  • 新築 (7)
  • 本棚 (15)
  • 東京での施工例 (55)
  • 洗面化粧台 (17)
  • 神奈川での施工例 (12)
  • 豆知識 (2)
  • Archive

    ホワイトレザーの長いソファー。
    長いと簡単に言っているがなんと5メートル超え。
    フレームは分割製作しているが座面と背は1本で製作している。
    実は弊社4トンの箱車を所有している。もちろん引越しをする為ではなく、
    東京店の受注家具を川崎倉庫へ運ぶための車なのだが、今回は4トンに乗せ納品に。
    長さもあるが、向こうに見える二階の窓から搬入するための足場として使用するためだ。
    この長さ!kannaでの最高記録なのは言うまでもない、、、。

    fujw1fujw2

    千葉県のお宅へ納品に。
    今回は洗面化粧台を設置させて頂いた画像。
    mes1オリジンブラックのクオーツ天板にアドバンの洗面ボールそして水栓はグローエ。
    壁面は全てタイル張りで洗面化粧台の部分のみ白のタイルをアクセントに入れている。

    そして洗面室とガラスの引戸で区切られたジャグジー
    mes2建物のない方向は全てガラス張りでサッシを開け放つことができる。

    港区のマンションへの納品事例。
    mi.kaw1
    賃貸マンションなので壁への固定はせず壁掛けを可能にしたテレビボード。
    mi.kaw2モール配線でリアスピーカーを設置。
    B&WのCMシリーズを使った5.1CHサラウンド
    mi.kaw3フランスのボザックの生地をヘッド部に仕様。
    キングサイズオーバーの特注ベッド。

    今回はテレビボードとベットの納品に。
    mi.kaw1mi.kaw2
    まずはテレビボードのみのご注文をいただいた、
    テーマはテレビを壁掛けにし5.1のサラウンドを組む事。
    だが賃貸なのでそれは無理ですよね?
    と言われたがすかさず可能だと伝え現実に。

    mi.kaw3
    そして、テレビボード制作中に再度ご来店。
    ベットが大きくて何処にも売ってないので作れないですか?
    と言われすかさず可能だと伝え現実に。

    市販でないものを作る、しかもかっこよく!得意分野です。

    東京目黒区のマンションリフォーム。

    エントランス
    meg.yam5エントランスを入ると右側にか大きなミラーを設置。
    細く仕上げた木製のフレームで圧迫感のないモダンな仕上がりに。
    そして片側の壁面に漆喰のコテ押えを施していて、それ以外の壁や天井は
    全てAEP塗装仕上げとなっている。

    me.yam1me.yam2キッチン横の観音扉3スパンの食器棚とリビングの本棚とデスク、そしてお風呂。

    ma.yam3廊下の階段はスチールフレームに向くの桐材を使用。
    こちらも全て漆喰とAEP仕上げ。階段の先の引戸を入ったところがお風呂場になっている。
    右側の写真は地下にあるトイレの引戸で桐材の柾目。

    東京目黒店がオープンして3ヶ月。
    リフォームとしての東京初引渡しをさせていただきました。
    場所はお店の近くの目黒区。

    meg.yam5エントランスを入ると右側には大きな壁付けミラー。
    あまり存在感を出さない為にフレームは極力薄く製作。
    そして廊下の壁は右側のみ漆喰のフラット仕上げでそれ以外は全てAEP塗装仕上げ。
    AEP塗装とは水性のアクリルペイントで店舗などにはよく使われる施工法。

    続いてリビングへ
    me.yam1キッチン横にある収納で、用途は食器棚。
    大きな観音開きが3スパンあり内部は全て可動棚。
    床面が見える収納になっているのでワゴンなども収納可能で使い勝手は抜群に良い。

    ma.yam3スキップされた室内はとても遊び心がある設計のマンション。
    右の写真は地下のトイレでドアは桐材の柾目の引戸。
    そして左の写真はお風呂場の入り口のドア。

    me.yam2そのお風呂場が右側の写真。
    左面は漆喰で右面はタイル貼り。お風呂は在来工法でガラス張りになっている。

    そして左の写真はリビングの本棚とデスク。

    約2ヶ月の工期かけたリフォームがようやく完成した。

    皆さん初めまして。おーしまと申します。

    忙しさのあまりブログを放置気味な工場長と中年スケーターさんのお力添えになればと思い、ブログの更新をお手伝いさせていただくことになりました。

    どうぞ宜しくお願い致します。

     

    さて、すでに納品を終えたものですが僕が製作に携わらせていただいた栗のテレビボードの製作風景を少しご紹介します。。。

     

    横幅3900mmの天板の仕上げ中。 材料が長すぎて機械では正確に加工できないので、反対側の基準面と並行になるように手加工で仕上げ。

    矩(直角)や直線が出ているか定規を当てて確認しながら鉋がけを行いました。

     

    ファイル_000

     

    僕が家具作りを学んだ学校の手加工の実習では生意気にも、

    「仕事ではこんなことはせんな…。」

    と、思いながら手加工だけで荒材から平滑で直角の出ている板を削り出すなどの課題に取り組んでいましたが、手は万能やなぁ。と新ためて実感。

    速さは機械に劣りますが、サイズオーバーすると使いものにならない機械に比べて手加工の可能性は無限に近い。 もっと手や頭を使って、もっと自分の可能性を伸ばしていこうっと。

    などと、余計な事を考えながら丁寧に仕上げさせていただきました。

     

    納品事例などをご覧いただければお分かりになると思いますが、栗はkannaではあまり使わない素材です。

    栗は導管や木目がしっかりと出ていて環孔材に分類されるのですが、同じ環孔材のホワイトオークと比べるとあっさりとした質感で僕が好きな樹種の1つでもあります。

    先に述べたように横幅が3900mmもあるので、あっさりとしつつも力強さを感じるテレビボードに仕上がりました。

    この大きさの材料が中々見つからず苦労したそうです。

     

    木目が1本通った贅沢な天板に仕上げられたのは喜ばしいことなのですが、6階の御宅までの搬入に少しばかり苦労しました。

     

    IMG_4584

     

    kannaTシャツがキマってます。

     

    夏真っ盛りの暑さと湿度、そして大事な天板に何かあってはならないという緊張感から文字通り汗だくになりながらも無事に搬入。

     

    長さ3700mmのソファといい長いものばかり納品している気もしますが、搬入ギリギリのデザインで仕上げられたテレビボードが見事に納まった姿はオーナーブログの方でご紹介させていただきます。

     

    どうぞ、楽しみにお待ちください。

     

     

    目黒店がオープンして3ヶ月、神戸の体制もようやく落ち着いてきた。
    そんな神戸店の納品事例を紹介したいと思う。

    今回は大阪の箕面市へブラックチェリーのテレビボードを納品させていただいた。

    okad1自宅のリフォームと同時進行でテレビボードを製作。
    現場の工事中に壁付けの棚板を大工さんに取り付けていただき、
    引渡し後にテレビボード本体を設置。

    okad2okad4テレビの壁掛けは今回は別の業者さんでされると言うことでテレビのない状態で撮影。
    サイドの棚にある配線口は小型のスピーカーを設置するためのもので、
    テレビモニターのみでの5.1chを設置する予定。

    okad3