Calendar

New post

Archive

今回は海外の生地について。
黄色のソファー生地といってもカーテン用、服飾用、椅子用などなどその用途に合わせて様々な生地の種類があります。
その違いは滑らかさや肌さわり、透け感、耐久性など用途に合わせた性能や機能が必要です。

椅子張りの生地には耐久性が必要で摩擦やバイアスの引き裂きなどの強度が必要になってきます。
その中の摩擦テストをマーチンデールといい国産生地の場合1万5000回程度のテストを行っているところが多い様です。
ではこのマーチンデール、国産ではなく海外の生地(弊社取扱の生地)の場合どう違うのか、、、
メーカーによって違いますが3万5000回から11万回ものテストを行いクリアーしています。

これってなぜなのか、それは一度張り上げたものを長く使えるようにという考えなのですが、なぜ国産生地は少なめなのでしょうか?
これは椅子の張り地だけではなく、車や家電、キッチン機器、鞄や住宅など様々なものを作るときも同じ考え方が見えてくる気がします。

長く使うためには強度とは別にデザイン性を併せ持っている必要があり、それを実現するとどうしても価格が高くなってしまう事もあり、飽きっぽい日本人にはその考え方が根付かなかたんでしょう、、、。
ですが近年、いろいろなものが日本でも簡単の手に触れることができるようになり、
少しづつ長く使うといった考えの人が増えてきたように思います。

エルメス傘下記事のソファーこの写真に使っている生地ですが、
ソファー、椅子 クリエイション メタフォール(エルメス傘下)
クッション   ブザック コクーン
        ジャンポール ゴルチェ
という構成になっています。
発色、手触り、強度、質感、デザインのすべてにこだわった生地たちばかりです。
そしてそれが張られているフレームもkannaでデザインしたロングセラーの家具たち。
今年で15年以上作り続けているデザインです。

何年使っても緩まない組手に何年使っても秋のこないデザイン、、、。
そんなもの作りがが出来てきた事に感謝です。

革張りのオーダーソファー

ブラックレザーのソファー

久々のオーナーブログ更新、、、。
一年間も更新していなかったんだ(^◇^;)

今回は本革張のボタンソファーとオットマン。
革張りなんですが、、、これがかなり大変でしてボタン留している部分は皮が4枚重ねて縫っていて、普通に縫い合わせると厚みがありすぎてダメなんです。
でどうしているかというと皮の裏側の縫い合わせ部分だけ薄く漉いて縫い合わせているんです。
気の遠くなるような作業を経て完成したレザーのボタンソファー!
やっぱかっこいいですね。

オリジナルボタンソファーとオットマンをブラックレザーで張り上げた施工例。
今回は同じデザインでオットマンも製作。
ブラックレザーのソファー

 

革張りのオーダーソファー

本革は厚みがあるため縫製部分の革の裏を削り取り薄くしてから縫い合わせる必要があり
かなりの手間と時間を必要とする。
ボタンのつく場所は4枚もの革が重なっているのだ。

背面の古材パネルとの相性も抜群で大人の空間が出来上がった。

お久しぶりの製作風景紹介です。
今年に入って23日も経ってしまいました・・・
コロナ禍が続いていますが、工場は明後日から関東への納品が控えています。
ばっちり対策して伺いたいと思います。
フランスのブザックの生地を張ったオットマン。
鮮やかなイエローと凹凸のあるテキスタイルはとても目を惹きます。
kanna ショールームでもチェアに張ってあるのでぜひ実際に見て頂きたいです。
w2600mmのブラックチェリーのダイニングテーブル。
片側にチェア3脚入る、大きめのテーブルです。
上の写真のチェア、オットマンと共に鎌倉に納品予定です。
革のボタンソファの肘置き部分。
パーツで持参して現地で組み上げます。こちらは世田谷区へ納品します。

寒い日が続いていますが、工場は換気の為に出入口オープンのまま
頑張って製作しています。
待っていてくださっているお客様に喜んでもらえるといいなぁ・・・

最後になりましたが、今年もよろしくお願いいたします<(_ _)>

久しぶりの製作風景です。
めっきり冷え込んできましたね。
ですが、なぜだか 🙄 
とはいえ、年内納品の家具もあと少し。
頑張って製作しています。

最近、kannaの小物をcreemaに掲載しています。
最初のお客様がご注文下さったブラックチェリーのトレイを作っています。
明日には下関へ発送です。普段、関西・関東のお客様が殆どですので
creemaを通して、全国の方にkannaの製品を手にして頂けるのは嬉しい限りです 😀

年内納品のテレビボードです。
こちらはリピートのお客様からのご依頼。
収納量も確保しつつ、間接照明を効かせる設計です。
納品後を掲載できればと思います。

来週の祝日に、関東方面への納品が控えています。
↑平塚市に納品予定の本棚とクローゼットを製作中です。
棚内部はロイヤルブルーの化粧板を採用。珍しい色使いですが、とても上品です。
こういう部分にこだわれるのが、オーダー家具の良いところですね(#^^#)
↑川崎市に納品予定のダイニングセットです。
テーパーレッグチェアはひじ置き有りと無しをそれぞれ2脚ずつ、
色違いのファブリックを張っています。
縫い合わせた部分、柄がずれていないところに注目してください!
職人の技術とセンスが光る仕上がりです!(^^)!

今月末~来月初旬に納品予定の家具たちが
続々と仕上がってきています。
もうお引越し済みのお宅で、家具をお待ち頂いているので
工房でも頑張って制作しています。
こちらはキッチンの作業台。
アイランドキッチンのように配置し、ダイニングテーブルを横づけ設置の予定。

天板にはクォーツを取り付けます。
設置したらまた、ご紹介できると思います。

3回目の緊急事態宣言が解除され、工房のある兵庫県は蔓延防止措置の対象地区となりました。・・・まだまだ不自由な生活ですが、だんだんと前のような毎日を過ごせるようになるのでしょうか。
今回はテーブルのメンテナンスのビフォーアフターをご紹介したいと思います。
kannaで製作したテーブルではありませんが承りました。
【Before】
塗装が経年によって白っぽくなったり、飲み物の汗による輪染みも出来ています。
オイル仕上げのものはこうなっても、徐々に馴染んでいくのですが、塗装を施しているものは一度剥離し、再塗装が必要です。
【After】
かなりきれいになったと思います。
お宅のリフォームに合わせてテーブルのメンテナンスを承りました。
諸事情により予定よりお時間をいただいて申し訳なかったのですが・・・
仕上がりは見違えるものになったと思います。
これからも永く、毎日の生活の中心にこのダイニングテーブルがあると思うと
なんだかうれしくなります。

 

今日は梅雨の晴れ間・・・というか暑いです。
あさってからはまた雨みたいなので太陽を満喫したいと思います。
コロナ禍でリモートワークが増えているようで、デスクのご相談を頂く機会も増えています。既製品もたくさん出回っている中で、ご注文頂いて嬉しい限りです。
無垢のブラックチェリー材で製作しています。ブラックチェリーの独特の木目がとても美しい仕上がりです。これから、経年変化で焼けていき、濃い色になっていきます。リモート会議映えしてくれたら嬉しいなぁ・・・

↾こちらは台東区へ納品予定のキッチン収納です。
扉はまだですが、ウォルナットのワックス仕上げで取付予定。
kanna ではオイル仕上げの家具が多いのですが、今回、キッチン収納では防汚効果も期待できるワックス仕上げを採用しました。取付完了しましたら、またご紹介します。

まだ5月なのに梅雨入りしましたね(+_+)
めちゃくちゃ早い・・・
今日は久しぶりに晴れて、気分もなんだか上がります♬
こんな日は作業もはかどります(*‘ω‘ *)
西宮市 M様邸 キッチン製作中です!
昨年の夏からリフォームご計画のキッチン。
オークの無垢材で製作しています。
引出しに付けた華奢なアイアンの把手が素敵です。
Mieleの食洗機をビルトインしています。
今、コロナ禍でMiele食洗機が国内で入手できなくなっています。
Mieleご希望の方には別のメーカーをお勧めしていますが、それも品薄・・・
いつ品切れ・入荷未定となってもおかしくない状況です。

M様は早くにご注文頂いていたので、弊社の発注も早くできていてよかった~(^-^;
キッチンバックボードも一緒に納品予定ですので、またご紹介したいと思います!