Calendar

New post

Archive

今年は暖冬ですが、工房はちょっと標高の高い場所にあり特に夜は冷え込むんです。
最近は急ピッチでの製作が続いており、暗くなっても頑張る日が。
なので頭も防寒して作業しています。
それぞれ音楽など聴きながら、集中して頑張っています。
一番奥の職人さんは見えづらいので・・・ってわけでもありませんが↓  😀 
kannaオリジナルの”ウッドブロックソファ”を製作中です。
木の塊のような全長2400mmの大きなソファですが
今回は、納品先の搬入経路の幅を考え、分断サイズで製作しています。
納品の際に現地で予定サイズに仕上げます。
この写真↾のポイントは「角」です!
kannaの家具のほとんどで「角」に細い無垢材を付け、さらに鉋掛けをして仕上げています。そのために、板は指定サイズより数ミリずつ小さく作っていきます。
この作業、1つずつサイズの違うオーダー家具を製作する上では、かなり手間暇かかっていますが、その分、出来上がりに差が出ます。
この丁寧な作業は、kannaの家具がモダンスタイルだと謳える理由の1つです。

久しぶりの工房ブログです。
ありがたいことに、このところ工房は忙しく、
納期が迫って来る日々を過ごしております。
本日も、それぞれの作業台にてひたすら手を動かしています。
チェアの脚を・・・
引き出しの中を・・・

それぞれの作業に集中して頑張っています。

工房のInstagramのアカウントを作りたいと思っています。
日々の作業をもっとリアルタイムにアップ出来たらと考えていますので
フォローいただけると嬉しいです。
アカウントが出来ましたら、このブログでもお知らせしますね!

ソファのウレタン交換を承りました。
だいぶ前にkannaで製作のソファです。
長く使っていると、どうしてもクッションがヘタってきますよね。
クッションカバーはそのままで、中身のウレタンだけを交換しました。
これで座り心地もよくなり、また快適にお使いいただけると思います。
こちらは修繕と生地張替えのご依頼を頂いた椅子です。
これはkanna製です(*^-^*)
工房で作ったものを大事に修繕しながら使ってただけていると思うと
とてもうれしく思います。
もちろん、簡単に壊れるようなものは作っていないという自負はありますが、
「手軽ですぐ手に入るものやサービス」に価値があるとされる今の時代に、
ご注文から2か月も待ってくださるのは、とてもありがたいと同時に
気の引き締まる思いです。

今月末に納品予定の西宮市M様邸の家具です。
ウォルナットの本棚、TVボード、デスク等ご注文頂きました。
約2400mmのトール収納がサイドに付いたTVボードです。
トール収納はスリット部分を設け、赤外線透過を可能にします。
コンセントの増設も行い、使い勝手のいいものになっていると思います。
↾デスクトップパソコンのディスプレイ用にデスクの上部に棚を付け、そこに配線口を設けました。職人さんの手作業が光るポイントですね(*^-^*)
納品の際の設置の様子も見ていただければと思います。

新年あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

新年最初は、ここ最近の東京納品の家具達と京都Y邸新築物件の外観を一気にご紹介します。
まずは京都Y邸新築物件の外観。
内装や家具達はすでにホームページにご紹介していますが今回は外観。
京都の風致地区だったため外観デザインはかなり苦戦し完成した物件。
画像ではわからない素材感が魅力の家が出来上がった。
↑ 次に埼玉県I邸。
神戸店のお客様でもあるI 様ですが今回は埼玉県のお家の家具をご依頼頂いた。

↑ 次は東京大田区のH様邸の本棚。
H様はご自宅新築時に洗面や下駄箱、シアター壁面テレビボードをご発注いただき、2度目のご依頼。
↑ 最後は東京町田市のY邸テレビボード。
テレビボードと壁紙の張り替え工事をご依頼。
壁紙はイギリズの柄物の壁紙をチョイス。

今回数件まとめてご紹介させていただきましたがいかがでしたか?
本年もどんどんご紹介していきますのでみなさんオーナーブログに遊びに来てください。ではでは、、、、。

あけましておめでとうございます。
もう14日ですが・・・( ゚Д゚)
工房は6日よりバリバリ稼働しております。
まずは横浜青葉区のO様ご依頼のテーブルとチェアです。

ブラックチェリーのダイニングテーブル。
これからどんどん深い色に変わっていきます。
セットの椅子たち。
カラフルで鮮やかなチョイスです。
異なる数社のメーカーの生地を選ばれています。
華やかな食卓になりそうですね。

↾この2枚は2月に納品の尼崎市のI様邸TVボードです。
TVボードの横にお子様の学習スペースを設けるという、
オーダーならではの家具です。
意匠と実用性を兼ねるのは大変難しく、最初にご来店いただいてから
かなりの時間がかかりました。
今の組み立て前の状態で運び、現地で少々手を加えながら設置します。
納品後の写真もアップしたいと思っています!

今年最後の納品の家具です。
神戸市灘区のK様邸リビングボードです。
抽斗前板・側板・天板がブラックチェリー無垢材で重厚感があります。
リピートのお客様で、少し時間が経過するとチェリーの色が変化し、
以前納品した家具と調和するはずです。

こちらは先日紹介したキッチンバックボードの扉部分です。
ウォールナットの濃い色が白の家具に合いますね(*^-^*)
もうすぐ出来上がります!

西宮市のO様邸キッチンバックボードです。
天袋と天板下の収納はウォルナット材、その間は白で綺麗な収納です。
10合炊きの炊飯器を置かれるとの事で、天板下の向かって左上の炊飯器の引き出し収納を大きくしてあります。
その横二つの浅い引き出しには仕切りも設置予定で細かいモノの収納に便利に作ってあります。
今回のご注文にあたり、選んでいただいた天板の材料が廃盤になっており、何度もご来店頂きました。
せっかくのオーダーでのご注文なので、弊社でも気に入ったものをお選びいただきたいと思っていますが、たくさんの候補から決めるのは、どなたにとっても難しいようです。そんな時には「第一印象」を採用されることをお勧めしています。
ビビビッと来たものは、やはり施主さんのご自身の印象に合っているなと感じます。
この家具も年内納品です。
新しくなったキッチンで年越しして頂きたいと思います。(*^-^*)

↑カーテンボックスを納品しました。リモコン操作で開閉のプリーツブラインドです。
障子のように柔らかい光が入って暖かな印象ですね。
ブラインドを開けると素敵なお庭が広がるお宅でした(*^-^*)
神戸市垂水区のI様ご依頼のキッチンバックボードです。
リフォームが終わり、このバックボードの納品をお待ち頂いています。
年内納品に向けて頑張って製作しています。
もう少しだけお待ちくださいませ・・・<(_ _)>

12/21埼玉県へ納品予定のオークのリビングボードです。
この施主様には他にもたくさんの家具をご依頼いただいていますので、
また紹介できればと思います。
最後に、神戸市灘区のK様邸のリビングボードです。
今年最後12/26の納品予定のお客様です。

今年も頑張ったなぁ~と思いたいところですが・・・
最後まで気を抜かず、怪我無く仕事納めを迎えたいと思います(‘ω’)ノ

東京渋谷から横浜の北部を通る田園都市線。
今回はその田園都市沿線も横浜北部の町へ納品に伺った。
実は僕自身もこの田園都市線沿線に住んでいます。

今回の納品はテレビボードとチェスト、洗面化粧台とトイレの手洗いの納品に伺った。

リビングに設置したテレビボードと据付のチェスト。
最近よく使う黒マット素材だが、この黒マット素材ににウォールナットの新しい仕上げのワックスフィニッシュの相性が抜群にいい。

このワックスフィニッシュは名前の通りワックスのみで仕上げた質感を汚れにくくするオイルを使いながら出す方法で、北欧でよく用いられるソープフィニッシュに近い仕上がりになる。
このソープフィニッシュは無塗装に近い仕上がりで、木のそのままの表情で楽しめるのが特徴である。

 次に洗面化粧台とトイレの手洗いカウンター。
こちらはオーク材をワックスフィニッシュで仕上げた物。

洗面台の天板にはクオーツストーンにグローエ製のアンダーマウントボールをチョイス。水栓金具も同じグローエ製。

トイレカウンターは黒マット天板で、セラの取り扱っているスカラベオ製のボールとTOTOの自動水栓を選択。
衛生面に気を使った仕様となっている。

今年ももう一月を切り年末の慌ただしい毎日が続きますが、
みなさん体調壊されませんようご自愛ください。