Calendar

2019年12月
« 11月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

Category

  • AVラック (32)
  • I型キッチン (6)
  • TVボード (117)
  • アイランドキッチン (17)
  • オーダーメイドソファ (31)
  • オーダーメイドテーブル (35)
  • オーダーメイドデスク (17)
  • オーダーメイド壁面収納 (71)
  • オーダーメイド椅子 (31)
  • オーダー据え付け家具 (97)
  • オリジナルソファ (5)
  • オリジナルデスク (1)
  • オリジナル壁面収納 (8)
  • オリジナル据え付け家具 (9)
  • カウンターキッチン (7)
  • キッチン収納 (37)
  • シアタールーム (4)
  • すべて (225)
  • その他 (22)
  • チェスト (4)
  • ニュース (13)
  • マンションリフォーム (14)
  • リビングシアター (20)
  • 価格 (35)
  • 工房ブログ (122)
  • 戸建てリフォーム (5)
  • 新築 (7)
  • 本棚 (15)
  • 東京での施工例 (55)
  • 洗面化粧台 (17)
  • 神奈川での施工例 (12)
  • 豆知識 (2)
  • Archive

    田園調布の戸建地下室への施工事例。
    オーク材のオイルフィニッシュと黒マットのコンビネーション。
    テレビボードは天袋内にエアコンをビルトしている。

    本棚については背面が寝室になり、ドライエリアからの光と空気の流れを妨げない様
    荒い横スリットの背板にしている。

    ↑カーテンボックスを納品しました。リモコン操作で開閉のプリーツブラインドです。
    障子のように柔らかい光が入って暖かな印象ですね。
    ブラインドを開けると素敵なお庭が広がるお宅でした(*^-^*)
    神戸市垂水区のI様ご依頼のキッチンバックボードです。
    リフォームが終わり、このバックボードの納品をお待ち頂いています。
    年内納品に向けて頑張って製作しています。
    もう少しだけお待ちくださいませ・・・<(_ _)>

    12/21埼玉県へ納品予定のオークのリビングボードです。
    この施主様には他にもたくさんの家具をご依頼いただいていますので、
    また紹介できればと思います。
    最後に、神戸市灘区のK様邸のリビングボードです。
    今年最後12/26の納品予定のお客様です。

    今年も頑張ったなぁ~と思いたいところですが・・・
    最後まで気を抜かず、怪我無く仕事納めを迎えたいと思います(‘ω’)ノ

    神奈川県横浜市のF邸の施工事例。
    納品品目はテレビボードと据付のチェスト、それと洗面化粧台とトイレの手洗いカウンター。
    テレビボードは据付型の3.5メートル。
    テレビボード背面が窓になっているため壁掛けはせずテレビは置き式で
    センター2スパンのみスリットのスイングダウン扉の仕様。


    こちらは4メートル級の据付のダイニングボード。
    天板は黒マットのウルトラサーフェースをチョイス。
    木の素材はテレビボード、ダイニングボード共にウォールナットのワックスフィニッシュ仕上げで、無塗装に近い仕上がりが特徴。
    洗面台はオークのワックスフィニッシュで天板はクオーツストーンでボールは
    グローエのアンダーマウントボールで水栓もグローエ。
    タイルは施主様の指定の名古屋モザイクのガラスタイル。
    トイレカウンターには自動水栓をチョイスし衛生面を強化している

    東京渋谷から横浜の北部を通る田園都市線。
    今回はその田園都市沿線も横浜北部の町へ納品に伺った。
    実は僕自身もこの田園都市線沿線に住んでいます。

    今回の納品はテレビボードとチェスト、洗面化粧台とトイレの手洗いの納品に伺った。

    リビングに設置したテレビボードと据付のチェスト。
    最近よく使う黒マット素材だが、この黒マット素材ににウォールナットの新しい仕上げのワックスフィニッシュの相性が抜群にいい。

    このワックスフィニッシュは名前の通りワックスのみで仕上げた質感を汚れにくくするオイルを使いながら出す方法で、北欧でよく用いられるソープフィニッシュに近い仕上がりになる。
    このソープフィニッシュは無塗装に近い仕上がりで、木のそのままの表情で楽しめるのが特徴である。

     次に洗面化粧台とトイレの手洗いカウンター。
    こちらはオーク材をワックスフィニッシュで仕上げた物。

    洗面台の天板にはクオーツストーンにグローエ製のアンダーマウントボールをチョイス。水栓金具も同じグローエ製。

    トイレカウンターは黒マット天板で、セラの取り扱っているスカラベオ製のボールとTOTOの自動水栓を選択。
    衛生面に気を使った仕様となっている。

    今年ももう一月を切り年末の慌ただしい毎日が続きますが、
    みなさん体調壊されませんようご自愛ください。

    いよいよ12月突入ですね。
    今月は東京での納品予定が何件か。
    まずは目黒区に納品予定のラウンドテーブル。
    kannaでの商品名は一応、FULL MOON DINING TABLEです(*‘ω‘ *)
    ウォルナットのラウンドテーブルは渋い仕上がりです。
    これにセットでテーパーレッグのチェアも4脚納品予定です。
    たくさんのパーツが出来上がっています。
    東京大田区のH様よりご依頼いただいた壁面収納のパーツです。
    この収納、H2200mm×W3000mm超えの大きなもので、
    組み上がったら存在感のある家具になるでしょう。
    納品後の写真も施工例で紹介したいと思っておりますので
    楽しみにしていてくださいね♪
    東京町田市のY様より承ったTVボード横のトール収納です。
    H2400mm弱の高い収納です。
    これにワックスフィニッシュのオークの扉を取付予定です。
    10日後には納品なので、TVボードの別のパーツも頑張って製作します(‘ω’)ノ

    東京大田区に納品予定の本棚の製作風景です。
    ワイド3m超え、高さ2.2m超えの大きな本棚です。
    これだけ大きいと可動棚だけでもこんなにたくさん!!
    読書の秋が何回来ても大丈夫なサイズの本棚です(笑)

    余談ですが、最近、東野圭吾さんの「人魚の眠る家」を読みました。
    去年、映画が公開された作品です。(見ていませんが・・・)
    医学の進歩と倫理感、親の気持ちと周囲の人間の距離感など様々なことを考える機会となりました。
    秋の夜長に、本を手に取る方も多いかと思います。
    お手持ちの本が増えましたら、kannaで本棚作りますのでご一報下さいませ(*‘ω‘ *)

    だんだん寒くなってきましたね。
    早いもので今年も残り40日ほど。
    工房では、年内納品の家具製作に勤しんでおります。

    まずは椅子の張替えからご紹介。
    10年ほど前にkannaで製作したAラインチェア。
    この時張ったのは薄いイエローの馬革でした。
    今回、お引越しのついでに座面の張替えのご依頼を頂きました。
    いろいろ悩まれた結果、↓ガラッと印象の違うファブリックをお選びいただきました。
    イタリアのファブリックで綺麗な発色です。赤でも優しい印象ですね。
    新しいお部屋に馴染み、またこれからも愛用して頂けたら嬉しいです(*^-^*)

    新しいといえば!
    kanna工房に新しい仲間が加わりました♪
    ↑この日、初出勤のTさんです。
    早く慣れてバリバリ活躍してくれることを期待しています!

    関東方面の納品の場合、一旦川崎倉庫に4トン車で輸送しそこから小さなトラックにb物件単位で再積み込みし納品に伺う。
    1件目の納品は東京港区Y邸のウッド扉のテレビボード。
    タモ材柾目のワックスフィニッシュ仕上げのテレビボード。
    赤外線エミッターを使い隠蔽時でもリモコン操作を可能にしている。
    隣の金属とガラスのケースはバイオエタノール暖炉。
    このバイオエタノール暖炉はkannnaでも取り扱いしているもので神戸店の新作テレビボードにはビルトインタイプが実際に展示してある。

    こちらが神戸店のテレビボードの画像。
    下の画像は実際に炎を灯したところですが、この暖炉一酸化炭素を排出しないので煙突が不要でマンションなどにも設置できるのが特徴。
    次に、田園調布K邸の地下室のテレビボードと本棚。
    素材はオークのオイルフィニッシュでL型に配置している。
    地下室のため、本棚の背板にスリットを用い、通風と配光ができるように工夫している。

    そして最後は杉並区のT邸AVボード。
    施主様のT様はいつもお世話になっているホームシアターファイルと言う雑誌の編集をしている方で、お宅のAVボードのご注文をいただいた。
    今回のAVボードの納品の様子はホームシアターファイル誌のウェブページで紹介していただく予定。
    僕の画像も紹介していただけるようでとても嬉しく恥ずかしいです(^_^;)
    12月頃のWEBページになる予定と言うことですがとても楽しみです。

    商品名 BASIC DINING TABLE
    サイズ W 1400mm~2100mm/D 900mm/H 670mm
    仕様・特徴 素材の持ち味を最大限に生かし、永く使って頂いても飽きのこないデザインに仕上げています。
    参考価格 ¥242,400-~¥474,000-(税抜)

    詳細はこちら>>

     

    まずホームシアターってなんなのかというお話からさせて頂きます。
    シアターを大きく分けるとテレビモニターだけのものとスクリーンにプロジェクターで映像を映す物の2種類があります。
    そしてその映像にプラスサラウンドという音声を再生できる機器をあわせものを一般的にホムシアターと呼ぶ方が多いようです。

    昔は3管式と言われる大きく高額な映写機(テレビで言うとブラウン管のようなもの)で映像を写していて、
    ランプの明るさや解像度も低く一部のマニアの人たちの趣味と言う感じでしたが、
    現在は安く解像度の高いHDと言われる映像とさらに3Dといった映像も安く簡単に見ることができるようになってきました。
    さらにテレビモニターも大型化しスクリーンを使わないシアターを組まれる方も大変多くなってきています。

    ではスクリーンとテレビモニターは何が違うのでしょう。


    まずはテレビモニターだけを使ったシアター。
    大型のテレビモニターと、ブックシェルフやトールボーイといった箱型のスピーカーを組み合わせたものや、薄型の壁掛けスピーカーを使ったもの、最後の写真のワンバータイプと言う横長の1本のバーに複数のスピーカーを内蔵し臨場感をだす物などスタイルは様々。
    さらにフロントスピーカーとリアスピーカを備えたものなどがあります。

    テレビが大型化し薄型になることで、テレビに内蔵するスピーカも薄型化され、
    音質が低下しまったことや、ネットフリックスやアマゾンプライムなど映画配信サービスが発展し、
    さらにマルチチャンネル音声で配信されていることでサラウンドの人気が高まっているのでしょう。

    次にスクリーンを使ったシアター。
    多くの方が100インチから120インチのスクリーンをチョイスされます。
    例えば120インチスクリーンの場合、数字上では60インチモニターの2倍ですが、
    画面の大きさは対角の長さで表記させるため、大きさは4倍になるのです。
    違いは大きさだけでありません。テレビモニターはそれ自身が発光する直接光なのに対し、
    スクリーンはプロジェクターが発光したものをスクリーンに映した間接光なので、
    ギラつかず滑らかな映像が味わえます。
    またテレビが1秒間に60コマで映し出されているのに対し、プロジェクターは24コマで映し出されているので
    フイルムのような映像が楽しめます。

    ですが明るい部屋ではその良さが半減してしまうという欠点もあるので、
    部屋の環境や見る時間帯などを考えて頂き設置されることをオススメします。

    次に音ですが、みなさん馴染みのある5.1CHサラウンド。
    フロントに3チャンネル、リアに2チャンネルのスピーカーと0.1CHのサブウファーを持ったものを5.1CHサラウンドと言います。
    リアにスピーカーを配置することで音声が前後に移動し臨場感のある音が楽しめるのです。
    ですがリアのスピーカを設置する場合、配線が多くなってしまいます。そんな時には
    ワンバータイプなどのバーチャルサラウンドシステムをお勧めします。
    名前の通り、リアスピーカーをフロントスピーカで鳴らすバーチャルリアスピーカーです。
    最近では7.1CHや11.1CH、5.2.1CHなど様々なサラウンド方式があり、
    音も前後左右だけではなく、上下方向にも臨場感をもたせた3Dサラウンドが主流になってきています。

    こういったスクリーンやテレビモニターで見るサラウンドはkanna神戸店や目黒店で体感できますので、ご興味を持たれている方は是非ご来店頂ければと思います。