Calendar

2020年7月
« 6月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

Category

  • AVラック (32)
  • I型キッチン (6)
  • TVボード (121)
  • アイランドキッチン (18)
  • オーダーメイドソファ (32)
  • オーダーメイドテーブル (36)
  • オーダーメイドデスク (19)
  • オーダーメイド壁面収納 (74)
  • オーダーメイド椅子 (31)
  • オーダー据え付け家具 (100)
  • オリジナルソファ (5)
  • オリジナルデスク (1)
  • オリジナル壁面収納 (8)
  • オリジナル据え付け家具 (9)
  • カウンターキッチン (7)
  • キッチン収納 (38)
  • シアタールーム (4)
  • すべて (229)
  • その他 (23)
  • チェスト (4)
  • ニュース (30)
  • マンションリフォーム (14)
  • リビングシアター (22)
  • 価格 (35)
  • 工房ブログ (137)
  • 戸建てリフォーム (5)
  • 新築 (7)
  • 本棚 (16)
  • 東京での施工例 (55)
  • 洗面化粧台 (17)
  • 神奈川での施工例 (12)
  • 豆知識 (4)
  • Archive

    最近発注が多くなってきたイタリアのフェニックスを使った家具。
    国産でもマットな素材が開発され海外に比べると少し安価で販売されだしたが、
    海外のものとの違いは、微妙な色合いや手触りなど。
    微妙に違うなら別に国産でいいのではと思われるが、製品になり実際にその物を目にすると全く違うことに気付く方が多いだろう。

    ブラウンベージュのフェニックスを使ったダイニングボード。
    木部はウォールナット材のワックスフィニッシュ。
    ダイニングスペースに設置しているので奥行きは浅めで本棚として使うのが主な用途だが、ディスプレイスペースなどに使った照明が良い雰囲気を演出している。
    そして寝室に設置したクローゼット。
    ウォールナットのワックスフィニッシュのパネルを組み合わせて作ることによって
    価格を抑えながらも収納力を確保している。

    これまで、神戸店からHDC神戸にも展示してあった無垢のテーブル。
    現品を購入して頂き、綺麗にメンテナンスしています。
    永くお使いいただけますように・・・と願っています<(_ _)>
    キッチンバックの天袋と地袋の製作中です。
    天袋は金物の枠に磨りガラスが入る予定。
    引違いソフトクローズの金物を使用しています。
    地袋の扉部分にこれから白く染色した突板材を取り付けます(‘◇’)ゞ
    7月の最初の週は東京での納品が目白押しです(^-^;
    その中の1つ、M様ご注文のテーパーレッグチェアが仕上がりました。
    うしろにも肘有タイプのチェアの枠がたくさん!!!
    kannaはオーダーメイド家具店ですので、こちらも在庫ではなく、ご依頼いただいた納品待ちの椅子たちです。

    早いもので6月も残すところあと5日・・・。
    新型コロナの影響で、今は工場は落ち着いています。
    トール収納
    センターのスリット部分に機器を入れれば、開閉せずに操作できます。
    天井から床までの大容量で収納力抜群です。
    テレビボード製作中です。
    こちらも左右にトール収納があり、大容量です。
    可動棚付きで、収納する物に合わせて自由にお使いいただけます。

    世田谷区A邸の施工事例。
    オーダーキッチン、バックボード、ガラスディスプレイ収納、テレビボードとなります。
    黒のフェニックスとゼブラナットのコントラストがアダルトで都会的な雰囲気で仕上がりました。

    フラット引戸や扉裏収納、引き出し式のコーナ棚など、ドイツ製の金物を多用し、
    収納し易い内部構造にもなっております。
    収納のスタイルに合わせた最適な金物をご提案させていただきます。

    今回はオーダキッチンについて。
    オーダーキッチンを手がけて15年。
    オーダーキッチンは建築工事との取り合いが多く、特にハウスメーカーの現場に納めるとなると至難の技、、、と言うか、やりにくいと言うか・・・正直、面倒なことが多いと言った方が正しいかもしれない。

    一点一点お客様の要望に合わせて製作する我々と、皆同じ物ではないといけないと言うハウスメーカーとがミックスするんだから当たり前と言えば当たり前なんですけどね。

    でも、ここ数年ハウスメーカーで家を建てる予定のお客様からのオーダーキッチンのお問い合わせが多くなってきている。
    ハウスメーカとしてもお客様のニーズに合わせていかないと、このままではダメだと言うことが少しずつではあるが分かりはじめているのでしょう。

    大量仕入れ、工事の大量発注をし、下請け業者や取引先から一円でも安く仕入れし、巨大化した組織の経費や巨額のテレビCMの費用を捻出しなくてはいけないハウスメーカーとしては、設備機器の部分を施主支給にされてしまうと利益が減ってしまうのだから仕方ありません。

    そんな難関を乗り越え、先日実現したハウスメーカでの施工をご紹介します。

    世田谷での施工事例です。
    黒フェニックスとゼブラナットのコンビネーションのキッチン。
    そしてキッチンバックボードとガラス収納、テレビボードが1階の納品品目。
    2階についてはまだ工事中なので後日ご紹介します。

    どうしても抜くことができなかったと言うキッチンに食い込んだ壁。
    その部分にはセラミック不燃パネルを貼り、そこに食い込む形のゼブラナットの扉がいい感じです。
    そしてキッチンをL型に囲むように配置したバックボードとガラス収納。
    そこにもアクセントとしてゼブラナットをチョイスしています。
    そしてテレビボード。
    テレビボードにはブラックチェリーとブラックスモークガラスを使用。
    テレビの壁掛け面には石調のセラミックパネルをチョイスしています。

    これだけ大きな収納を、傷のつき易い仕上がった黒のクロスの壁に据え付けていく作業は、かなり神経を使う作業でした。フィラーなど一切使わず擦り合わせて納めていくは気の遠くなる作業でしたが、文句なしの収まりでホッとしました。
    その夜のビールと焼肉が最高だったことは言うまでもありませんよね、、、。

    このところ気温も上がり汗をかきながらの製作が続いています。
    東京に納品予定の家具もどんどん仕上がってきています。
    この積みあがった家具たちと共に週末は東京へ向かいます。
    設置してしまえば見えない面が写っていますので・・・
    ばっちり納品した写真を楽しみにしていてくださいませ(*^-^*)

    そして・・・
    以前神戸店に展示してあったテレビボードを加工・修繕して納品することになっています。
    普段の作業とは少し違うので、楽しくなってきます♬

    ピッカピカにして、新品と差が無いようにして納品します(‘ω’)ノ

    kannaでは壁面に取り付ける大きな収納や本棚、テレビボードや食器棚の施工事例が多くあります。


    この壁面に取り付けられる収納の対荷重や取り付け方法、そして引っ越しの際の取り外しや、取り外した後の壁ってどうなるの?といったご質問が多くあります。

    基本的に建物が出来上がっている状態で家具を取り付ける場合はビス(ねじ釘)で壁に固定します。
    現在の建物の壁は石膏ボードにクロスや左官など表面仕上げが施されていますが、
    このプラスターボード(石膏ボード)はベニア板などと違い釘やネジで重いものを固定することはできません。

    では何に固定しているかというと、ボードの中の骨組みに固定するのですが、
    この中の下地の素材の代表的なものが木軸、軽量鉄骨、コンクリートGL工法。
    木造住宅の場合建物が木造なので当然下地は木ですが、マンションの場合コンクリート壁の前に軽量鉄骨で作った二重壁を作ります。

    取り付け強度面で言うと木軸の場合はビスの止めつけ強度がかなり強く、
    フロートのテレビボードや棚板、本棚など多くのものをかなりの対荷重で固定することができるのですが、
    軽量鉄骨の場合は、極薄の鉄板にしかビスが効かないためあまり強度が出ないのです。


    kannaではこの軽量鉄骨下地の場合でも重いものが入れれる方法を独自持っているので、かなりの耐荷重を出すことができます。

    そして取り外した際の傷ですが、ねじ釘を何本か止めているだけなので、
    ネジを外し補修用のコーキングで埋めればほとんどわからない状態に戻すことができます。

    さすがに賃貸住宅の場合は制限がありますが、
    分譲住宅の場合ほとんどのものが取り付けできますし、
    取り外した際もほとんどわからない状態へ復旧することができるのです。
    特殊な物件の場合は壁に穴を開けたりする場合もありますが、
    その場合も大工さんに半日入ってもらい、クロスの張替えさえすれば完全に元どうりに戻すことが可能なのです。

    みなさん大掛かりだと思っている人が多いですが、
    取り付けも1日で終わる簡単な工事ですのでお気軽にご相談ください

    昨日、世田谷区に納品に伺いました。
    工房で製作したキッチンを積んで西宮から東京へ。
    このところ東京への納品が増えています。
    とても素敵なキッチンに仕上がりました。
    間接照明が雰囲気を一層おしゃれにしてくれています。
    このお宅には6月中旬に、上に掲載してあるものをはじめとする、
    たくさんの家具たちを納める予定でいます。
    製作の方も頑張って進めていきます!(^^)!

    東京目黒区の新築マンション。
    メイプル材のテレビボードとリビングシアター。
    右側壁面を利用したオープン棚とFIX窓まで伸びたテレビボード。
    テレビボード左スペースは掃き出し窓でバルコニーへの出入りがある。

    そして今回はテレビモニターだけではなくスクリーンも設置。
    事前工事はできないため引渡し後の配線工事となるが、もちろんクロスの張替え工事はしていない。
    一段下がった梁部分を配線スペースにしプロジェクターやスクリーンの電源、
    スピーカーケーブルやHDMIを通している。

    リアスピーカーとプロジェクターは一部露出配線用のパネルを製作し隠蔽している。

    そしてデスクスペース。
    イタリアのマット素材とウォールナットのコンビネーション。
    ダウンライトの設置だけではなくコンセントとLANの移設もしている。

    東京都江東区の新築高層マンションの施工事例。
    オークグレーアッシュと黒マット、そしてダークグレーのセラミックパネルのテレビボードに85インチモニターを壁掛け。
    両サイドのトール州のぬスリット内部にはB&Wのトールボーイスピーカを収納し、
    センタースピーカーとサブウーファーはスリットのボード内に収める仕様で設計。
    そして天井にはダウンライト照明工事と埋め込みスピーカーを後付けしている。
    この工事、クロスの張替えをすることなく設置できてしまうのだ。
    今回は、家具設置に1日オーディオや照明工事に1日の計2日間で工事が完了!
    数多くのオーダー家具やシアター、店舗設計や新築リフォームなどを手がけている弊社では仕上がってしまったマンションでも後工事でこんな事までできてしまうのです。

    どんなことでも諦めず一度ご相談ください!きっと良い方法があるはずです!!