Calendar

2019年10月
« 8月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

Category

  • AVラック (32)
  • I型キッチン (6)
  • TVボード (115)
  • アイランドキッチン (17)
  • オーダーメイドソファ (31)
  • オーダーメイドテーブル (35)
  • オーダーメイドデスク (17)
  • オーダーメイド壁面収納 (70)
  • オーダーメイド椅子 (33)
  • オーダー据え付け家具 (97)
  • オリジナルソファ (5)
  • オリジナルデスク (1)
  • オリジナル壁面収納 (8)
  • オリジナル据え付け家具 (9)
  • カウンターキッチン (7)
  • キッチン収納 (36)
  • シアタールーム (4)
  • すべて (221)
  • ニュース (2)
  • マンションリフォーム (8)
  • リビングシアター (20)
  • 工房ブログ (117)
  • 戸建てリフォーム (6)
  • 新築 (7)
  • 東京での施工例 (54)
  • 洗面化粧台 (16)
  • 神奈川での施工例 (11)
  • 豆知識 (1)
  • Archive

    ブラックマットとブラックチェリーの組み合わせのダイニングテーブル一体型のアイランドカウンターとリビングドアの施工例。
    カウンター面材は最近多く使用している黒のマット素材で天板は吉本産業のウルトラサーフェースをチョイス。
    リビング建具はブラックチェリーの無垢仕様で製作。
    テレビボードもブラックチェリー無垢仕様でチョイスしている。

     

    大阪のO様よりご依頼のウォルナットの2フレーム1Pソファです。
    これまでにあまり張った事の無いボタニカル柄の生地をチョイスしています。
    お客様が気に入って選んでくださいましたが、海外の生地の為、
    在庫が無く生地の生産待ちだったので、だいぶお待たせしてしまいました。
    本日納品です(*^-^*)
    気に入ってもらえると私たちも嬉しいです♪

    オーディオルームの構築のため姫路市へ。
    オーダーメイドのLVパネルLVパネルと言われる拡散吸音パネル。
    kannaオリジナルと言いますか、私艸島のオリジナルと言いますか、、、。
    東京から西宮の工房へ数日の出張で製作。

    このパネルの役割は高音域の反響の拡散と吸音、そして低音域の吸音の両方を備えている。
    オーディオルームにはこれ以外にも吸音素材を取り入れ残響音を調整するのだが、
    そもそもなぜそんなことが必要なのか、、、。

    皆さんも経験あると思いますが、コンクリートに囲まれた部屋で大きな声(特に高音)を出すと音がやけに反響し耳障り、、、。そんな経験ありますよね、
    六面体の部屋の壁に声が跳ね返り続け、とてつもない硬質な残響音に囲まれることになります。とても音楽など聞けません。
    この残響音言葉の通り響きが残るということなので、瞬間的に出た音も長い時間の響きになり、次に発した音に被さることになるので音が途切れくことなくなり続けているように聞こえてしまうのです。
    かといって、残響音をゼロにすれば良いかというとそういう問題でもなく、
    良質な残響音を適度に残すことが大事、、、良質な残響音が適度に必要です。

    まあ、普通にリビングなどで小さなスピーカで音楽を聴く場合は必要ありません。
    これはオーディオマニアの方が音楽を聴く専用室やシアター専用室を作る場合などに必要な工事なのです。
    この写真は、現在の神戸店に移転する前の六甲アイランド店内に設けていたシアターの専用室。
    この部屋もLVパネルや吸音パネルを多く使い音の調整をしているのがわかりますよね。
    こうすることで、リアルで臨場感と迫力のある音質での再生を得ることができるのです。

    マニアックな話を長々としましたが、簡単にいうと『いい音』になるということです、、、。
    男のロマンと言いますか、、、。あなたもこんな部屋作ってみませんか!

    京都市Y邸のオーダーキッチンと洗面化粧台。
    黒マット素材とブラックチェリー材のコンビネーションキッチン。
    ビルトイン機器はグローエK7、ガゲナウハイカロリーバーナーとIH2口、ボッシュ60食洗機
    ミーレエスプレッソマシン、ミーレ電子レンジ付きオーブンとビルトインワインセラーとなる。
    リビングとダイニングの間に洗面化粧台を設置。
    こちらも黒マットとブラックチェリー材のコンビ

    京都市の新築物件の施工例。
    外観や内装を含めた建物全体の施工例は新築&リフォームのページで後日紹介予定。

    今回は家具だけではなく家の新築のご依頼をいただいたのですが、
    先行してオーダー家具の部分のみをご紹介いたします。

    まずはオーダーキッチン。
    ブラックマット素材とブラックチェリー素材のオーダーキッチンから
    ダイニング側からのデザインは、黒のマットとブラックチェリー材のコンビネーションだがキッチン側に回り込むと
    黒マット一色のデザインにしている。
    設備機器はグローエの水栓にガゲナウのハイカロリーバーナーとIHクッキングヒーター、ボッシュの60サイズの食洗機。
    バックカウンター側は、ミーレのエスプレッソマシンと電子レンジ付きオーブン、そしてワインセラーをビルトイン。

    そしてリビングスペースへ
    スクリーン内蔵シアターテレビボード
    110インチスクリーン内蔵のオーダーテレビボード。
    このテレビボードは壁面に取り付けしているわけではなく、
    床のみの固定の自立型テレビボードになっている。

    そしてソファーは据え付け型のもので、オリジナルのボックスソファーを変形させてもので、
    照明付きの天袋にはエアコンとプロジェクターがビルトインされている。
    スリット天袋は、放熱効果が抜群なので投映ごの冷却ファン作動中でも扉を閉めることができる。またエアコンのビルトインにも効果を発揮する。

    京都市左京区で新築一戸建ての建築依頼をいただきデザインを開始。
    今回は風致などかなりの制約があり建築設計は神戸の野村建築研究所さんに依頼し、
    建築は京都のかわな工業さんに依頼。

    現在は外構工事と外部残工事が進行中なので外観を含めた写真は後日アップします。
    ということで室内の家具をご紹介します。

    まずはキッチン。
    京都市左京区 オーダキッチン

    黒のマットとブラックチェリーのコンビネーションキッチンとキッチンバックボード。
    ビルトイン機器はキッチン側にガゲナウのハイカロリーバーナーと2口IHにボッシュの食洗機、グローエのK7。
    バックボード側に、ミーレのエスプレッソマシーンと電子レンジ付きオーブンとワインセラーがビルトインされている。
    淡いグレーのタイルと黒のマットとブラックチェリーのコントラストがとてもマッチしている。

    そしてリビングへ向かう廊下にサブの洗面を配置。
    オーダーの洗面台そこを抜けるとアールに貼られたラワン材の船底天井のリビング。
    スクリーン内蔵の島型テレビボードとソファーの右側には間口2メートルの窓があり
    そこからの眺めは絶景だ。
    ビルトインソファーと天袋 据付のソファーはブラックチェリーフレームと黒革のフェザークッション。
    そして天袋にはエアコンとプロジェクターをビルトイン。
    外観を含めた全ての完成は11月を予定している。


    西宮市F様ご依頼の2段ベッドと建具製作の様子です。
    普通の2段ベッドと違い、部屋の仕切りも兼ねている構造で
    入り口が上段下段それぞれの部屋になっています。
    元々の部屋の壁に添って中央にベッドを置き、ベッド中央で部屋が仕切れるよう
    建具を設置します。
    お子様が大きくなり、それぞれの部屋が必要になった場合の空間活用術です(*^-^*)