Calendar

New post

Archive

東京都三鷹市へ納めさせていただいたテレビボード。
ウォルナット無垢材とグレーマットのタイルのオーダーテレビボード。
収納はいらないということでシンプルなデザインを立ち上げた。
収納は下部のみとし上部は照明押し込んだ天蓋となっている。
部屋の奥行き感をが感じられるレイアウト。

品川区のタワーマンションへ。
黒のマットにスモークガラスのボード、天袋はブラックピトロを使い背面パネルにはセラミックパネルを。
全てをモノトーンにし、ツヤ感や質感の違いで動きをだしている。

右側の正方形の扉は、アウトセットの引き戸を採用している。
この左右非対称のテレビボードはリビングスペースからダイニングスペースへと繋がった形状で、
非対称に見えるがリビングとダイニングをレイアウトとした場合、
左右非対称とはならない構造になっている。

世田谷区A邸の施工事例。
オーダーキッチン、バックボード、ガラスディスプレイ収納、テレビボードとなります。
黒のフェニックスとゼブラナットのコントラストがアダルトで都会的な雰囲気で仕上がりました。

フラット引戸や扉裏収納、引き出し式のコーナ棚など、ドイツ製の金物を多用し、
収納し易い内部構造にもなっております。
収納のスタイルに合わせた最適な金物をご提案させていただきます。

東京目黒区の新築マンション。
メイプル材のテレビボードとリビングシアター。
右側壁面を利用したオープン棚とFIX窓まで伸びたテレビボード。
テレビボード左スペースは掃き出し窓でバルコニーへの出入りがある。

そして今回はテレビモニターだけではなくスクリーンも設置。
事前工事はできないため引渡し後の配線工事となるが、もちろんクロスの張替え工事はしていない。
一段下がった梁部分を配線スペースにしプロジェクターやスクリーンの電源、
スピーカーケーブルやHDMIを通している。

リアスピーカーとプロジェクターは一部露出配線用のパネルを製作し隠蔽している。

そしてデスクスペース。
イタリアのマット素材とウォールナットのコンビネーション。
ダウンライトの設置だけではなくコンセントとLANの移設もしている。

東京都江東区の新築高層マンションの施工事例。
オークグレーアッシュと黒マット、そしてダークグレーのセラミックパネルのテレビボードに85インチモニターを壁掛け。
両サイドのトール州のぬスリット内部にはB&Wのトールボーイスピーカを収納し、
センタースピーカーとサブウーファーはスリットのボード内に収める仕様で設計。
そして天井にはダウンライト照明工事と埋め込みスピーカーを後付けしている。
この工事、クロスの張替えをすることなく設置できてしまうのだ。
今回は、家具設置に1日オーディオや照明工事に1日の計2日間で工事が完了!
数多くのオーダー家具やシアター、店舗設計や新築リフォームなどを手がけている弊社では仕上がってしまったマンションでも後工事でこんな事までできてしまうのです。

どんなことでも諦めず一度ご相談ください!きっと良い方法があるはずです!!

東京から関西へお引越しのお客様。
今回は家具だけではなく照明やカーテンなどもコーディネートさせていただいた。

まずはリビングダイニング。
新築高層マンションのフィックス窓部分にテレビボードを配置することにより
リビングダイニングスペースのレイアウトも景色の良い窓側に向かうレイアウトが可能に。
テレビボード左の柱の縦スリットは、柱正面にあるメディアコンセントから
配線を見せることなくテレビボードに引き込むためと、空間に動きを出すためのアクセントにもなっている。

そしてダイニングテーブルはソファースタイルにし広々としたリビングダイニングスペースを確保。白のレザーのソファーにブルーの1Pを差し色として1脚配置している。

引っ掛けシーリングしかなかった天井は、クロスの張替え工事をし、ダウンライトと4灯のペンダントライトをテーブルの上に配置。
ランダムな照明レイアウトも空間のアクセントとなっている。

そして、リビングの隣に位置する書斎スペース。
広々2人が並んで作業できるデスクと背面の大きな本棚。
本棚の一部にはプリンター用のキャスター付きのボックスを設置。

そして寝室。
上はご主人様の寝室で、作り付けの間接照明付きのベトヘットと高い位置に
テレビを設置すつための壁掛けパネル。
こうすることでベットからテレビを見やすくしている。

そして下は奥様の寝室。
シンプルなベットフレームに大きなクローゼット。
3枚の引戸の中には自由にレイアウトできる棚板とハンガーがある。

田園調布の戸建地下室への施工事例。
オーク材のオイルフィニッシュと黒マットのコンビネーション。
テレビボードは天袋内にエアコンをビルトしている。

本棚については背面が寝室になり、ドライエリアからの光と空気の流れを妨げない様
荒い横スリットの背板にしている。

神奈川県横浜市のF邸の施工事例。
納品品目はテレビボードと据付のチェスト、それと洗面化粧台とトイレの手洗いカウンター。
テレビボードは据付型の3.5メートル。
テレビボード背面が窓になっているため壁掛けはせずテレビは置き式で
センター2スパンのみスリットのスイングダウン扉の仕様。


こちらは4メートル級の据付のダイニングボード。
天板は黒マットのウルトラサーフェースをチョイス。
木の素材はテレビボード、ダイニングボード共にウォールナットのワックスフィニッシュ仕上げで、無塗装に近い仕上がりが特徴。
洗面台はオークのワックスフィニッシュで天板はクオーツストーンでボールは
グローエのアンダーマウントボールで水栓もグローエ。
タイルは施主様の指定の名古屋モザイクのガラスタイル。
トイレカウンターには自動水栓をチョイスし衛生面を強化している

ブラックマットとブラックチェリーの組み合わせのダイニングテーブル一体型のアイランドカウンターとリビングドアの施工例。
カウンター面材は最近多く使用している黒のマット素材で天板は吉本産業のウルトラサーフェースをチョイス。
リビング建具はブラックチェリーの無垢仕様で製作。
テレビボードもブラックチェリー無垢仕様でチョイスしている。