Calendar

New post

Archive

キッチンとバックカウンターの取り付け。
今回は新築建築中の現場での作業。
戸建て住宅で自宅前に大きな駐車スペースがある恵まれた環境で現場スタート。
まず、養生という建物に傷がつかないようにするための板をめくると、
フローリングがこんにちわと現れてくる。
そして僕たちは「さて、はじめるか!」と上着を脱ぎスイッチを入れる。

kannaではフィラーという家具と壁を埋める部材は使用しない。
なぜかというとそれはあまり格好の良いものではないからです。
例えば3000mmの壁の内内に家具を設置する場合家具を3000mmで作るからです。
これ、当たり前のように聞こえますが、当たり前ではありません、、、。
その当たり前をどう回避するのかは企業秘密なので、、、というか話が長くなるので、、、、省略します^^

なので当然現地で切ったり削ったり、しならせたり反らせたり、試行錯誤しならが設置します。
当然いくつかの部材に分けて製作しますが、組み上げるとそう見えない工夫もしています。

ようお客様に言われるのですが「kannaも家具はなんかスッキリしている」
それ裏にはそんな工夫と手間をかけているんですよね、、、、。

そしてほぼ完成。
今回はペニンシュラキッチンとバックカウンターの取り付けに行ってきました。
6600mmのバックカウンターと2700mmのペニンシュキッチン。
施工写真は4月になりそうなので今回は現場の模様をアップして見ました。

今回は塗装についてのお話。
ウォルナットの画像を基に説明していきます。
上の画像ですがウォルナット材の扉の製作の様子です。
この状態は無塗装の状態でこの上に塗装をかけていくのですが、それには様々な方法があります。
kannaで最も多く施しているのはオイルフィニッシュという、木の中に油分を染み込ませて汚れがつきにくくする方法です。
オイルフィニッシュ用に様々な種類の塗装用オイルが販売されています。

ソープフィニッシュと言う方法もありますが、日本ではまだまだ使用しているメーカーは少ないのが現状です。

上の画像はウォルナットにオイルフィニッシュしたものです。
無塗装のものに比べると、随分色が濃くなっていると思います。
乾燥した木に水を打った時の色と似ていることから、塗装後の色の濃い状態を我々の業界用語で「濡れ色」と呼んでいます。
そして上の写真がワックスフィニッシュというkanna独自で開発した塗装方法で仕上げたものです。オイルフィニッシュとは随分色が違う事に気付いて頂けるでしょうか。塗装を施していない無垢材に近い風合いだと思います。

塗装に詳しい方は、蜜蝋ワックスという塗料を聞いたことがあると思います。これは基本的にオイルフィニッシュをした後に、撥水のために塗るものなので仕上がりは「濡れ色」になります。
※たまに蜜蝋ワックスのみを塗って仕上げている物もありますが、あれは間違った使い方で、油分を入れてからワックス塗布するのが正解です。
市販されている塗料の中にはオイルとワックスの両方を配合しているものがあり、その代表的なものがオスモカラーやリボスなどの配合塗料です。この塗料だと1つでオイルとワックスの両方の効果が得られる優れ物です。

弊社のワックスフィニッシュは、オイル塗装後にワックスをかけたものと同等の耐久性と防汚効果を持ちながら、蜜蝋ワックスのみを塗布した様な、無塗装に近い風合いで仕上げることのできる画期的な方法です。
ワックスフィニッシュを施した木の質感は、黒マットやグレーマット、白マットなどのソリッドカラーマット素材との相性が良く、今後どんどん施工事例に登場してくるだろう仕上げ方法です。

神戸HDCの3階に2月にオープンしたkannaキッチンスペース。
黒のスーパーマット素材とブラックウッドの組み合わせのキッチンの展示がはじまった。
900mm×2500mmのアイランドキッチンとバックボードの組み合わせ。
もちろんフルカスタムメイドとなるので様々なオーダーに対応することが可能だ。
ダイニング側はフルに収納となっていて、キッチン側は引き戸のトール収納に跳ね上げ扉の天袋と抽斗収納。
機器類は水洗にグローエのk7ミーレの食洗機とIHクッキングヒーターがビルトインされている。
今回は黒にこだわり抽斗内部に至るまで全て黒とダークグレーで制作している。
トール収納は引き戸を開けると自動的に照明が点灯する仕掛けがしてある。

神戸店でのテレビボードの納品事例。
マンションの壁面収納なのだが実はその設置面には小さな窓があるのだが、
その窓を隠蔽して設置している。

今回はテレビボードと食器棚の納品事例のご紹介なのだがとにかく大型の家具のご依頼が大変多い。
勿論、置き式のチェストやボードも多く納品させていただいていますが、、、、。
市販の冷蔵庫も工夫すればビルトインの冷蔵庫に見えてしまう。
そして照明使い。これも大切なものだと僕は思っていて、
費用と手間をかけても、そこにいる時間を楽しく豊かに暮らすには必要なものだと思う。

オーナブログの更新が随分滞っていて申し訳ございません。
神戸店での打合せや納品、リフォームの案件、作図見積もり作業等でバタバタな毎日、、、。
東京も春からすっかり夏になってしまっております。

今回は神戸店で僕が接客させて頂いたお客様。
ゼブラウッドの壁面収納テレビボードである。

tera1このゼブラウッドだが、かなり材料調達に苦労する材なのである。
通常はもっと色の濃いしま模様で、白木というより少し茶色いイメージの印象を持っている人もいるのではないだろうか。
ということもあり、弊社ではまとめて数百枚の突板を買い取り製品に加工しているのだが、
この突板は写真のもので最後となり、現在は少し違った印象の木目と色になっている。

建材というものに慣れすぎた現代社会で、
木目の違いや色に違いなど、天然の物に対ての解釈を理解出来ない人が多い状況になってきている。
人も木も顔や肌の色など、みんな違っていて当たり前なんですけどね、、、。
この先人間も、クローンや美容整形などの進化で皆同じになってしまうのだろか、、、
と少し心配になってしまう。

そろそろ少しペースを上げて更新していこうと思っていたのだが、、、
明後日から神戸出張!また少しの間更新できないか、、。

東京都渋谷区の高層マンションへテレビボードの納品に出かけた。

sam1材質はブラックチェリーの無垢材で長さは4100mm
横スリットの4メートル越えのテレビボード、、、、何度か製作したがやはり長い。
テレビボードに関しては低く長いデザインが好きなだけにかなり自分好みのバランスだ。
これから春にかけて年間で一番の納品ラッシュ時期がやってくる!!
気合を入れて頑張らなくては。

2016年西宮店、目黒店、西宮工房、川崎ロジスティックのすべて清掃を終え翌日淡路島へ。
過去に何度もお世話になっている南海荘さんへ出発。

神戸から約2時間の車の旅を終えまず迎えてくれるのがこの看板。
nan1鉄錆にステンレスの磨きのサイン。
デザインを生業にしている僕はこの看板を見たとき自分に近い感性を持った人が店主さんなのだろうとそう思った。
文字の書体、大きさや配置などなんとも言えないバランス、、、。

ぬめりのあるうず潮温泉に浸かり待ちに待った宴会がはじまった。
まずは先付けを頂きながら乾杯。
nan2そしてメイン。
nan3
淡路の海の恵みいっぱいの天然のお魚たち、、、、。
刺身や天ぷら、そして淡路の瓦を使って焼いた宝楽焼など美味しい料理に舌鼓を打つ、、。
nan4楽しいひと時もあっという間に過ぎ2017年を迎えた。
こうしてまた新しい年を迎えられる喜びと感謝を噛み締めながら今日もブログを書く、、、。
そしてこれからも色々な人に支えられながら書き続け、また次の年を迎えられれば最高だと思う。
2017年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

千葉県のお宅へ納品に。
今回は洗面化粧台を設置させて頂いた画像。
mes1オリジンブラックのクオーツ天板にアドバンの洗面ボールそして水栓はグローエ。
壁面は全てタイル張りで洗面化粧台の部分のみ白のタイルをアクセントに入れている。

そして洗面室とガラスの引戸で区切られたジャグジー
mes2建物のない方向は全てガラス張りでサッシを開け放つことができる。

me1
ドイツのミーレ社の新型のエスプレッソマシン。
3ヶ月以上前に発注し、ようやく発売になり目黒店に届いた。
ミーレショールーム以外では国内最初の設置店らしい。

海外製品が良いという固定概念は全くないが、日本製では
この機械は作れない。
いや作れなくはないが作らないといった方が良いかもしれない。

何が違うかというとデザインと基本性能そして部品供給だろう。
コスト優先の物造りをしている現代の日本の製品の場合、
例えばボタンひとつにしてもいかに安く設置するかが優先
したデザインが立ち上がる。
全ての箇所にコスト優先の安易なデザインがなされている訳だ。

そにて何よりすごいのが、豆挽きから豆の押え、抽出まで
フルオートでしてしまう。
それだけでもすごいのだがさらにカプチーノまで自動で作ってしまう優れもの。
毎日これでコーヒーが飲める今出勤するのが楽しみになっている。

価格は日本円で¥598,000.-(税抜)

オーディオ好きな方ならきっと知っているであろう英国スピーカーメーカーのKEF。
その澄み渡ったキレの良い音と定位感。
ハイエンドからシアターまでデザインと音質を両立した名門メーカーです。
ウェブサイトはhttp://www.kef.jp
そんな素敵なKEFさんに目黒店の取材をしていただきました。

TVB3284gaikan4415構成や記事を考えていただいた遠藤さん、そして素敵な写真を撮って頂いた 土屋さん、
本当にありがとうございました。

薄型で、壁掛けができて音が良くて、、、MARANTZのアンプと組み合わせて毎日素敵な音を心地よく聴きながら仕事をさせていただいています。

目黒店ではそんな素敵な音と映像のコラボを体感していただけます。
ぜひ一度体感してみてください。