最初にお話しをいただいたのは昨年の秋。
お問い合わせをいただきその後神戸店、目黒店と何度も足を運んでいただき納品の時がやってきました。
今回の納品はキッチン、食器棚、テレビボード 、玄関ドア、間仕切りドア。

まずは玄関の扉とリビングの扉。
kannaの神戸店、東京目黒店の両店舗に使われているドアと同じデザインで製作。
このドア、間仕切りドアは厚み40mmで玄関ドアは55mm。
玄関ドアはアサメラの無垢材をふんだんに使ったドアで、重量は100キロを超える。
取手がステンレスの別注取っ手をつけていて、これは目黒店と同デザイン。
もともと紫外線や雨での褪色はそんなに強くない材料だが、今回は雨や紫外線にさらられる頻度がほとんどない条件なので色褪せもほぼないと言っていいだろう。

そして次にテレビボード 。
今回はオークのテレビボード。
出来たてのオークは少し白っぽく見えてしまうが、年月を重ねるたびに深く落ち着いた色合いへと変化していく。

キッチンから見ると、、、。

部屋に対して直角ではなく斜めに配置されているのも面白い。

そしてキッチンはオークの無垢材のペニンシュラとバックボード。
機器類はガゲナウのIHコンロとミーレの600mmの食洗機、水栓はグローエのK7
そしてフードはまだ取り付けられていないが、アリアフィーナのセンターフード。

最後にkannaオリジナルの木製水切りをセットして完成。
ステンレスの金属に木製水切りが何ともいいマッチングなのだ。
このお宅は、壁にモールテックスやポーターズペイントなどを採用し仕上げにかなりこだわられている。
写真うまく表現できていないのが残念だが、数年後の風合いはかなりいいものになるだろう。

ゼブラウッド のテレビボード を設置に宇都宮市へ。
長さ4メートルまで対応できるゼブラウッド の柾目材は、色のなるべく薄いあっさりしたものを選定する。
とは言っても常に揃えることなどできない難しい材なので、kannaでは100枚以上のゼブラウッド を購入し在庫している。
4メートルという長さは言葉で言うと簡単だが、実際材料を確保するのは至難の技である。
この独特な木目と質感はかなり主張する材質なので、それそのものをオブジェのように使うと効果的だろう。

そして宇都宮といえば餃子!と言うことで昼食は餃子!
お客さんに教えて頂いた宇都宮みんみん。
ジューシでパリッとした食感の皮が最高に美味しい餃子でした!
焼き餃子と水餃子そしてライスがセットになって560円!
安いうまいで最高でした。

海の見える丘の上に建つ一軒家へ。
この景色があれば他に何も要らないと言ってもいいくらいの絶景を横目に納品作業にに取り掛かる。
そして、無事納品完了。

今回はウォールナットの無垢材を使ったキッチン カウンターで天板は黒のウルトラサーフェース。
傷や薬品、衝撃、高温にも耐えうるウルトラサーフェースと、ウォールナットの無垢の組み合わせで、
ハードに使っていただける食器棚が完成。


ブラックチェリー のテーブルとテーパーレッグチェアーを水戸市へ納品。
椅子の貼り地はエルメス傘下のクリエイションメタフォールとフランスのルリエーブル。
木の魅力もすごいが、ファブリックの持つ魅力もすごい。
価格だけでを見ると高く感じるが、デザインや製作過程などを考えると決して高くない。いや、安いといってもいいだろう。

質感を見にぜひご来店ください。

 

大阪高層マンションへの納品事例。

神戸店の納品事例。もちろんその構造やバランス、デザインなど全て東京でチェックしている訳だが、納品が終わり施工後の写真を見て最終チェックをする。

今回のテレビボードは天袋でエアコンを隠している。
マンションの場合冷媒管の取り出し位置を動かすことができない為
少々頭を使わないとうまく納まらない。

辺りが暗くなってきたところでもう一枚。
照明が演出してくれる効果は想像以上にある。
ここがリビングの中心だとはっきりと示してくれる。

ウォールナットの浮かしの壁面収納。
ハードディスク内臓のテレビとワンバーオーディオを壁掛設置したシンプルな構成。

壁面はコンクリート壁なのだが家具転倒防止固定用としてアンカーが取り付けられているといった特殊な構造。
結果、アンカーによる固定が出来ることでかなりの取り付け強度を確保できた。

据付型のソファーといっても一般の方はピンとこない方も多いかもしれません。
ですが店舗をイメージするとすぐにご理解いただけると思います。
飲食店などに行くとソファー席がよく据え付けられています。
最近ではソファータイプのテーブルなどを使ったおしゃれなカフェやレストランなど多く見かけるようになってきました。

今回は少しアンティークの要素を取り入れながら住宅に取り入れてみました。

ちなみに過去にこんなものもありました。

大型のものが目立ちますが小さなものも多く施工してきました。
最近ではピットリビングなどにも多く取り入れられています。

少し脱線しましたが次はテーブルと椅子。
生地は全て海外の物で
LELIEVRE/BURENTANO/LASEN/ZOFANY など贅沢なチョイス。

関東地方で多い納品事例として、リビングからダイニングへ一続きになった家具のご依頼をよく頂く。

テレビボードとダイニングボードが一つになったスタイル。
長さが出てバランスが良くなるがダイニングスペースの関係で少し腰高感が出てしまう場合が多いので、その辺りのバランスには注意してデザインする様に注意している。

今回は壁面のタイルの施工もさせていただいた。
そして最近多いのが天板に仕込まれたアッパーの間接照明。
特に凹凸のあるタイルを張る場合は効果的なアイテム。

4月から5月にかけて多くの納品スケジュールがあるので気合い入れてがんばります。

港区麻布へソファーの納品に出かけた。
今回はボックスのソファー2台。
このボックスのソファーの良さが最大限に生かされる空間へ納品することが出来た。
今回の貼り地はクヴァドラの物をチョイス。

このソファーの良さは余白によって引き出されると思う。
どの辺を取っても直角ではないデザインは、引きで見てこそそのデザインの良さがわかると思う。

10年くらい前に納めたソファーの張替えをさせて頂いた。
元々グリーンだった色を臙脂色のファブリックに変更。
同時に内部のウレタンも交換。


左に見えるグリーンのソファーが10年ほど前に製作したもので今回は臙脂色に、、、。
ダイニングテーブルとテレビボードは以前のままでソファーだけが衣変えされました。
これだけでかなり雰囲気は違いますよね!
張替える前のグリーンと臙脂色は色目以外はすべて同じように見えるのだが、
初期型と現行のものでは内部のウレタンの構成が全く違い
より長持ちする仕様へと進化している。
こうしてまた10年15年と使い続けてもらえるだろう。

家具も使い捨てのようになりつつある現在、
年月を経ることで味わい深くなっていく物もある事を忘れないで頂ければと思う。