東京都荒川区の新築マンションへ納品に。
今回はTVボードとソファー。
muk2テレビボードは無垢のウォールナット材
muk1右のデスク部を含めると4.8mのロングサイズ。
ウォールナット材は材料を揃えるのに本当に苦労する、、、。
しかしここ数年の無垢材の価格の上がり様には困ってしまう。
muk3ソファーの生地は海外製のもので、特にオットマンは特徴的な生地。
この生地はkannaの目黒店にも使用する生地なのだ。
muk5ソファーは白に近いグレーの生地でうっすらパターンのエンボス加工が
muk4

世田谷区へTVボードを納品。
材質はウォールナット材で。
sio1最近多く注文を頂くアッパー間接照明の入ったテレビボードで、
内装段階で照明プランまできっちり出来なかったりとか、マンションのオプションで
エコカラットは貼ったものの照明が無く少し寂しいとか、、、そう言ったお客様がセレクトされる事が多い。
sio2薄型のLEDライトを家具に埋め込んで使用するのだが、これが実にスタイリッシュ。
スイッチやアルミケースの細部に迄デザイン処理が施されているのだ。
照明に関しても後付けで色々なパターンでご提案できると思うのでお気軽にご相談下さい。

兵庫県西宮市へ納品に。
今回の納品はウォールナット材のウッドブロックソファーとテレビボード。
ka1
3m×2mのL型のソファーに壁掛パネル付きのセパレートテレビボード。

ka4ソファーの構造はフェザーとウレタンを組み合わせた構造。
少ししっかり目に入れたフェザーは弾力性の有る独特な座り味。
生地はカプセル状のパターンの国産品。
デイベット風のベンチはエルメスのメタフォールのグリーンの生地。
ka2ウォルナットと赤の組み合わせが何ともいい感じ、、。

東京都大田区の新築物件への納品事例。
新築と言ってもハウスメーカーさんや工務店さんとの取引は
していないので全てお客さんからの依頼でご注文頂いています。

まずはリビング。

hou1hou2hou3幅5.7mのリビングシアター用の壁面収納テレビボード。
材質はブラックウォールナット材に濃いグレーと黒。
スクリーンは120インチで音響はデノン製のアンプとプレーヤーにB&Wのスピーカーを使ったドルビーアトモス。
そしてそのテレビボードのサイドには同素材の大きな引戸を配置している。

1階には同素材を使ったシューズボックスを設置。
hou4そして水廻りは洗面2ヶ所とトイレの手洗いを。

hou5hou6hou7

上の洗面はお風呂場の洗面で洗濯機などが並べて使用出来るようになっている。
真ん中はメインのトイレの手洗い。
そして下は和室専用の手洗いとなっている。

東京池袋の駅近くへ納品に。
今回はウォールナット材の壁面タイプのテレビボード。
emo1オリジナルのテレビボードのセミオーダーで両サイド扉にスリットを取り入れ、
機器類の収納やスピーカー、ウーファーの収納が可能になっている。
また天蓋部分の間接照明の前部にはスクリーンの隠蔽収納がしてある。

emo2
この家具の設置により吹き抜け天井の途中の壁に設置しないと行けなかったスクリーンが、
TVの前に降ろす事が出来、テレビとの2wayが可能になるばかりではなく、
TVそのものの壁掛も可能にしている。

emo3
中央の機器設置用のピアノブラックステージは、カラーウレタン黒のツヤ有りを12回塗装しているもので、
機器を設置した場合の配線も隠蔽処理出来る仕組みにしている。

東京目黒店のオープンも5月14日に決定し、現在店舗の工事の最終段階。
現在家具の設置がはじまりなんとなくお店の雰囲気も見えはじめて来ました。
あと3週間慎重に仕上げていきます。

オリジナルのスリットTVボードで
材質や色も同じでオーク材にハーフの茶色の染色仕上げ。

okst1重量が100キロ程有るTVボードを四本の細い丸脚で支えるデザインは、
脚の組み手部分の強度が求められる仕様。
その効果は軽やかであっさりした雰囲気を生み出す事が出来る。

okst2okst3

今年の春5月14日にオープン予定の東京目黒店。
3月の中旬から内装工事に取り掛かりました。

天井以外スケルトンでの引き渡しの為解体工事は無く、いきなり内装工事に取り掛かりました。
まずはフローリングを張る為の下地をコンクリートに打ち付ける作業から。

kanna5下地には構造用合板と呼ばれるベニア板を12mmと9mmを二重貼りにします。

次に壁面の下地作業。
kanna4重量鉄骨ALC工法の建物は取付け強度が出ないため接着剤で桟を固定していきます。
そしてフローリングを貼り壁を仕上げていきます。

kanna3次に外装工事。

kanna2後付けのシャッタボックスが建物の外側に張り出している為その部分を囲いながら看板のベースとして使います。
水平垂直を出しながら骨組みを作り左官下地材を貼付けていきます。

kanna1下地が完成したら電源の配線をする為LED看板を仮固定。
外観や内装の仕様は西宮店と全く同じにしています。

現在、東京店の家具とお客様の家具を製作している為残業の毎日、、、。
4月から新入社員や製造機械も新たに増やし増産出来るよう体制を整えていきます。
西宮店に加え東京目黒店もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

今回は横浜市の中華街の目の前のお宅へ納品に。
実は昨年の秋に実際に神戸のお店に来店頂き打ち合わせ。
遠い所本当にありがとうございました

fur1
fur2まずはブラックチェリの据え付け家具とダイニングテーブル。
椅子の張り地はフランスPIERRE FREYの張り地。
この張り地を加える事で空間が少しクラシカルなイメージに仕上がっている。
fur3 fur4そしてその前に配置しているボタンのソファーとオットマン。
こちらの張り地はフランスLELIEVREのモケット。
グレーグリーンの張り地を使用し更にクラシカル感がまし落ち着いたアダルトな感じに仕上がっている。
fur5ソファーの素材はウォールナットフレームで背面はオリジナルと同じ横スリット。

最近少しづつ増えて来ている関東方面のご注文。
そして今月より神奈川県に配送倉庫を、そして4月には目黒通りにショップをオープン致します。
3月より約1ヶ月半の工期をかけ4月なかばのオープンを予定しております。
正式にオープン日が決まりましたらウェブにてお知らせ致します。
神戸店、東京店共に宜しくお願い申し上げます。

神戸市の山手のお宅へ納品に。
数年前にソファーとローテーブルを納品させて頂き、
今回はダイニングのテーブルとTVボードを納品させて頂いた。

nis1ボタンソファーの張り地は現在は廃盤生地。
当時人気だったグリーンのざっくりした感じの生地を使用している。
そしてマホガニーのローテーブル。
現在廃盤となり展示はしていないが、勿論復刻も可能だ。

nis2ダイニングスペースからリビングを、、、。
植物を入れる事で空間に動きが生まれる。

nis3お客様からのリクエストで全ての家具にkanna焼印を、、、。
久しぶりダッタので緊張してしまった。

大阪弁天町の高層マンションへ

高所恐怖症の僕にとってはかなりの高さへ。もう5回は訪問しただろうか、、、。
実はマンションの50階への納品。

今回の納品はランプスタンドを2台納品して来ました。

mat1トラバーチンの石の壁にゼッブラウッドと黒のランプ台。

mat2こちらは柱の角に合わせて変形で製作したもの。
脚は別注でステンレスで製作。ウッドはウォールナット材

mat3ブログ更新本当に遅くなっていて申し訳ございません。
写真のクリスマスツリーがいかに遅れを取っているかを物語っています。
更新がんばります!