キッチンとバックカウンターの取り付け。
今回は新築建築中の現場での作業。
戸建て住宅で自宅前に大きな駐車スペースがある恵まれた環境で現場スタート。
まず、養生という建物に傷がつかないようにするための板をめくると、
フローリングがこんにちわと現れてくる。
そして僕たちは「さて、はじめるか!」と上着を脱ぎスイッチを入れる。

kannaではフィラーという家具と壁を埋める部材は使用しない。
なぜかというとそれはあまり格好の良いものではないからです。
例えば3000mmの壁の内内に家具を設置する場合家具を3000mmで作るからです。
これ、当たり前のように聞こえますが、当たり前ではありません、、、。
その当たり前をどう回避するのかは企業秘密なので、、、というか話が長くなるので、、、、省略します^^

なので当然現地で切ったり削ったり、しならせたり反らせたり、試行錯誤しならが設置します。
当然いくつかの部材に分けて製作しますが、組み上げるとそう見えない工夫もしています。

ようお客様に言われるのですが「kannaも家具はなんかスッキリしている」
それ裏にはそんな工夫と手間をかけているんですよね、、、、。

そしてほぼ完成。
今回はペニンシュラキッチンとバックカウンターの取り付けに行ってきました。
6600mmのバックカウンターと2700mmのペニンシュキッチン。
施工写真は4月になりそうなので今回は現場の模様をアップして見ました。

今回は塗装についてのお話。
ウォルナットの画像を基に説明していきます。
上の画像ですがウォルナット材の扉の製作の様子です。
この状態は無塗装の状態でこの上に塗装をかけていくのですが、それには様々な方法があります。
kannaで最も多く施しているのはオイルフィニッシュという、木の中に油分を染み込ませて汚れがつきにくくする方法です。
オイルフィニッシュ用に様々な種類の塗装用オイルが販売されています。

ソープフィニッシュと言う方法もありますが、日本ではまだまだ使用しているメーカーは少ないのが現状です。

上の画像はウォルナットにオイルフィニッシュしたものです。
無塗装のものに比べると、随分色が濃くなっていると思います。
乾燥した木に水を打った時の色と似ていることから、塗装後の色の濃い状態を我々の業界用語で「濡れ色」と呼んでいます。
そして上の写真がワックスフィニッシュというkanna独自で開発した塗装方法で仕上げたものです。オイルフィニッシュとは随分色が違う事に気付いて頂けるでしょうか。塗装を施していない無垢材に近い風合いだと思います。

塗装に詳しい方は、蜜蝋ワックスという塗料を聞いたことがあると思います。これは基本的にオイルフィニッシュをした後に、撥水のために塗るものなので仕上がりは「濡れ色」になります。
※たまに蜜蝋ワックスのみを塗って仕上げている物もありますが、あれは間違った使い方で、油分を入れてからワックス塗布するのが正解です。
市販されている塗料の中にはオイルとワックスの両方を配合しているものがあり、その代表的なものがオスモカラーやリボスなどの配合塗料です。この塗料だと1つでオイルとワックスの両方の効果が得られる優れ物です。

弊社のワックスフィニッシュは、オイル塗装後にワックスをかけたものと同等の耐久性と防汚効果を持ちながら、蜜蝋ワックスのみを塗布した様な、無塗装に近い風合いで仕上げることのできる画期的な方法です。
ワックスフィニッシュを施した木の質感は、黒マットやグレーマット、白マットなどのソリッドカラーマット素材との相性が良く、今後どんどん施工事例に登場してくるだろう仕上げ方法です。

神戸店での納品事例。
kannaオリジナルのボタンソファー。
オットマンとセットでご発注くださるお客様が多い。ウォールナットフレームにベルベット生地。
その中でもエルメス傘下のメフォールをチョイスされる方が多く、
やはりボタンソファーの凹凸が最も美しく見える生地だからなのだろう。
この生地は、見る角度や光の当たり方で様々な色に見える不思議な生地なのだ。

光沢感でけではなく発色がとても豊かで様々な色が用意されているのも海外生地の特徴だろう。
生地単価は決して安くはない。
1400mm前後の生地幅で¥24,000/1mの高級生地。
例えば2mのソファーとオットマンになると
9mの生地が必要となるのでそれなりの価格アップ
(kannaの標準生地からは¥18,000/1mのアップ)になるのだが、
それでもやはり海外生地が人気である。

この圧倒的な存在感と質感はサンプルではなかなか伝わりにくく、
選ぶ色によって張り上がりの雰囲気も違うため、実際にチョイスされた方のみが味わえる醍醐味である。

テレビボード、ダイニングテーブルのセット、キッチンのカウンター下の収納、カップボード、デスク、1Pのソファーなどなど、
家全体の家具を納品させて頂いた。センタースリットのテレビボードで材はウォールナット。
ブラインドや照明が納品時に間に合わなかった事をお客さんに色々気遣って頂いた。
そこに全体のイメージがあり、それが揃った姿が完成形であり、その部分には相当な思いがあると思う。

弊社で家具をと考えて頂くきっかけのほとんどが、今ご覧になっているホームページ。
お客様の家に納品させていただき、その事例をホームページに、、、。
気がつけば膨大な施工事例という財産をお客様に頂いている。

家具製作の初打ち合わせから、最終的にどういうものに発展していくかは様々なストーリーがあるが、
様々なお話をしながら、何を求めているのか?どんな色が好みなのか?収納量は?といったことを探っていく。この仕事の最も難しい部分だと僕は思っている。


テキスタイルはエルメス傘下のメタフォールとフランスルリエーブル社、デンマークのディスカバリーのものをチョイス。
この一枚の写真に色々なテキスタイルが見て取れるが、
あえて違った生地で張り上げている。

ブラインドは白。他に色は足さないのでコーディネイトを、、、、。
でこの生地をチョイス。この後、植物を置いて緑を足していただくと完成だ。

目黒区へ
カップボードと、大きさの違うローテーブル2台をブラックチェリーで。
置き家具の良さは大きな白壁に額を飾る感覚でレイアウト出来ること。

それに対して据付家具は大きな部屋全体にアクセントをつける感覚というか、、、そんな感じに捉えながらデザインしている。
そしてその家具単体にもアクセントをつけるようにしている。
色々と緻密に計算しているように聞こえるかもしれないが、実際は自分の感覚を頼りにデザインをしている。

kannaオリジナルの家具に対する想いは他のものとは少し違い、
デザイナーとして、オリジナル家具が世に出て行くのは嬉しいことである。

表面がナノ加工され濃い色のマットでも指紋がつかない新素材。
今までは塗装ですら表現できなかった素材である。
大きな面積に使用すればかなり今時で都会的な雰囲気を出してくれる。
今回は両サイドのトールのみの使用にとどまたったが、今後どんどん施工例に登場してくる。

壁面造作を得意とする我々は、配線や下地がない場合の壁面や点検口、通風孔など
あらゆる設置場所にでも対応することが可能である。

今まで数々の現場でいろんな障害にぶち当たってきたが、試行錯誤し回避してきた。
この引き出しの多さが、現在の物件数と収まりの良さに繋がっていると思う。

施工例のWorks で紹介している物件のほとんどがマンションなど完全に引渡しが終わり、
しかも事前に何の計画もない部分への施工例である。

もう施工できないと諦めてませんか?大丈夫です!何とかなります!!

 

リビングからダイニングへ続くマンションの戸境壁に設置した壁面家具。
壁面のおおきな据付家具は戸建て住宅ではなく、この戸境壁に設置する場合が圧倒的に多い。
今回の施工事例はリビングスペースからダイニングスペースへ一体の家具を製作しているが、
それぞれのスペースでの用途や意匠がしっかり変化しているデザイン。

まず、左はリビングのテレビボード、そして中央のトールはリビングスペースとダイニングスペースを分ける意味での境界線と両方のスペースで共有する物を収納する役割、そして右側はダイニングスペース。

ダイニングスペースは壁面の棚だけで少し殺風景に見えるが、ここはダイニングテーブルが置かれることを前提としたボリューム感で設計している。

もちろんリビングスペースについてもソファーやローテーブルが置かれることを前提とした設計をしていることは言うまでもない。

目黒区の高層マンションへ。
今回は大型の水槽台とベッド、テレビボード、ダイニングテーブルと椅子の納品事例。
水槽台はについて水槽が完成したら再度撮影にお伺いする予定。

ウォールナットのテレビボードとテーブル、椅子はテーパーレッグの肘ありを2脚。
天袋右側にはエアコンを隠蔽し収納している。
テレビボードにも小さな水槽を置けるよう、内部に濾過器やポンプなどを収納できる仕組みを設けている。
そしてベッド。
部屋幅が1900mmしかない為、市販のベッドを置くと窮屈に見えてしまう。
そこでご提案したのが、床をスキップさせそこにベッドのフレームを置く方法。
背面と足元の間接照明は、枕元の両サイドにスイッチを設置。それぞれ別回路で入/切り可能。
もちろん調光もできるので夜間の照明としても便利に使っていただけると思う。
そして手前に見ている台が後日撮影する水槽台。

最近kannaで多く取り入れているマットなソリッドカラーの素材。
まだまだ世に広まっていない素材だが、施工例も増えている。

白マットとワックスフィニッシュのクルミ材との組み合わせで、
白木独特のあっさりした都会的な雰囲気に仕上がっている。

ワックスフィニッシュはツヤ感のない仕上がり。
その素材に対して白マットがなんとも言えない世界感を出している。

約一年の工期をかけ完成したリフォーム。
以前の内装や配管、電気などは全て撤去し、新たに間取りを組んでいます。
度重なる仕様変更や工事中の変更などでなかなか工事が進まず少し疲れた感がありますが無事完成しホッとしました。

最初にキッチン
イロコの幅広フローリングに壁と天井は漆喰のコテ抑え。
見切り材がない大空間の漆喰仕上げは大変で多くの職人さんで一気に仕上げなくてはならない。
一階ブラックチェリーのディスプレイキャビネット。
無垢の面材と漆喰左官仕上げのオープン部分で構成されていて、照明はルーチの調光タイプを使用している。
所狭しと並べられているアンティーク家具。
その家具たちとの調和がコンセプトになっている。
黒の塗装が施された書斎。
120インチのスクリーンの映像とサラウンドも設置している。

一階エントランスと洗面台。
オーダーの建具と洗面台でミーレ製の全自動洗濯機がビルトインされている。

僕自身はほとんど東京にいるため、お客様とのやりとりは神戸店のチーフデザイナーの常峰が担当。
長期のリフォームにもかかわらず、うまく全体をまとめ無事完工できたことに感謝している。
リフォーム工事の場合は新築と違い、多くの問題等も発生するため豊富な経験を持っていないとなかなかうまく納まらない。

次は京都での新築工事が着工間近!
もう少ししたら工務店さんとの家具納まりやシアターの配管打ち合わせ等が始まる。
忙しくなりそうだ!!